フルーツバスケット (3) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.49
  • (189)
  • (103)
  • (674)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 2006
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと3巻読み終わったあぁぁ。シンデレラ漫画・BL漫画。イケメン設定(と思われる)キャラクターの顔が判別できない。みんな髪真っ白だし、髪型少ししか変わらないし、顔ほとんどおんなじだし。アニメが苦手なのはここに起因している。髪型髪色なくしたら全員おんなじ顔じゃねえか!

  • 「世界で1番バカな旅人」はすごい。紅葉好き。

  • 電子無料。笑顔きれいになってきて由希と夾も大人びてきたな~。あー、そうそう、春と紅葉って同い年だった!色々忘れてるなぁ。

  • メショーさんっ

  • 読了日:2012年12月25日
    撥春が由希に抱いている思いと初対面の出来事を透に話した所が印象的でした。

  • かっこいい登場をしながら、自転車をきこきここぐ春がひたすらかわいいです。ブラック春も素敵です。
    バレンタイン&温泉の巻。
    紅葉が語る「世界で一番バカな旅人」は深い。

  • 2011/02/21:コミックレンタルにて読了。

  • それぞれがなにを抱えているのか、なにによって救われるのか?

    それはさておき、バレンタインと温泉旅行というマンガ・アニメでは重要なイベント発生。

    温泉で待っていたのは恐ろしい、病弱な女将だった。

  • 春くんの登場シーンに爆笑しました。かっこいいのに!
    今回も由希くんは素敵ですなぁ\(^o^)/王子様!

    ヤンキーと電波なうおちゃんとはなちゃんも好きです。

  • 少女漫画の歴史に残るくらい感動の名作だと思います!

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (3) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (3) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする