フルーツバスケット (8) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.44
  • (143)
  • (99)
  • (630)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1870
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171683

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもの頃は利津の言っていることがよく分からなかったけど、今はみにつまされる思いがする。

  • 電子。そうだった!りっちゃん女装男子だった!

  • 女装男子りっちゃん登場。
    十二支動物ではお猿さん。
    自身無さすぎなネガティブ発言ばっかなりっちゃんを透くんが存在の理由自分の見つけ方を語るとこよかった!

  • 再読日:2012年12月27日
    紫呉は普段ちゃらちゃらしているのに、年長者故か的確にadviceしているのが凄いと感じました。
    大人になった今でも紫呉のこの洗濯物の例え話は勇気づけられる時があります。

  • いつかキャラごとにストーリー追ってみたいなあ

  • 2011/02/21:コミックレンタルにて読了。

  • ついに猿さんが登場。
    最後に、名前だけ出てたリンも登場。
    次巻、暗雲立ち込める夏になるのかどうか?
    前巻ラストに出てたナゾの二人はどうした?

  • りっちゃんが出てきます。あの女将さんの子で、強烈な性格です。
    由希と綾女の兄弟の話が良かったです。
    フルバは教訓みたいなものが随所にちりばめられていて、じっくり読んでいくと色々と考えさせられてちょっと疲れるけれど、こういう漫画は全然ありだと思います。

    伏線がどんどん現れるので、ついて行くのが大変ですが…(^_^;)
    でも読んでいくのが楽しみです。みんなが幸せになってくれたらいいのだけど。

  • りっちゃんがあの美しさで男なのは詐欺としか言いようがない。
    透ちゃんが本当にかわいい、皆の不安が少しずつ取り除かれるのもわかる。

  • 夏休みや修学旅行といったイベントを目前に控えた透達。そこに?春が教室で大暴れしているという情報が!!
    普段のBより数段荒れた?春に、由希と夾は!?
    一方、あの温泉宿の女将の子利津がついに登場!!
    その性格は…?

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (8) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (8) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする