紅茶王子 (11) (花とゆめCOMICS)

著者 : 山田南平
  • 白泉社 (2000年8月発売)
3.30
  • (12)
  • (15)
  • (90)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :325
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592172215

紅茶王子 (11) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お茶会同好会の新入部員獲得のための
    "部員勧誘お茶会"で盛り上がるみんな。

    生徒会に合同祭と、いまいちイベント系に
    盛り上がれなかったけど、今回はお茶会!
    企画、準備段階から読んでいてもわくわく♡

    ケビン先生とアッサムの過去の話も少しずつ…。

    「大事なものが1つだけだと臆病になる」

    一理あると思うけれど、それは
    自己愛ゆえの固執でありエゴと愛の勘違いの
    部分が大きいようで苦しく切ない。

  • 番外編は白雪姫。ページ数今迄より多め。

    ケビン過去現在の”だけ”じゃなく、って好い。

  • 途中のおとぎ話・・・。すごく邪魔だった。番外編なら後ろでやってほしかった・・・。

  • 遊園地の続き。
    ケビン先生とアッサムの間に起こったことがわかる。
    おまけは「白雪姫」。

  • 晴れた満月の月夜、カップに入った紅茶に月を映すと紅茶王子が現れる??
    主人公の奈子は同好会のメンバーとある晩に学校の屋上でお茶会をしていたら、飲んでた紅茶から王子が出てきて3つ願いをかなえるというのだけど!?

全7件中 1 - 7件を表示

紅茶王子 (11) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

山田南平の作品

ツイートする