人形芝居 (2) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.82
  • (110)
  • (53)
  • (161)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 690
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592173328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「絶対に私好みの子がいるから読んでみて!」とお勧めしてもらった2巻。
    確かに5話のアンドロイドは私のツボを付いている!

  • 表紙からして「可愛い!」ってにっこりしちゃう

  • 明兎とテルのお話は明兎の笑顔にほっこりしつつもじんわりヾ(*T∇T*)こどもを描くのが本当に上手いと思います。静と嵐の両親というか博士たちの話もあり。最後の榧のお話は最初から泣けるにおいがしてたんですがアキの明るさに救われました(;∀;)

  • 年の差好きがよく伝わってくる巻でした

    ちっちゃいこたち、かわいかったです
    明兎って名前すてき

    静と嵐の生みの親が登場です

  • 静めっちゃかわいい

  • 嵐と静達アンドロイドが生みだされた理由がとても温かく心に染みた。嵐と静の親である颯之介と青子が登場。颯之介と青子、別々の道を歩んでるけど、嵐と静を通して繋がっているよね。そう思いたいです。

  • 続巻。
    五話がすごく感動した。
    人形も人間と同じで痛みも感じたり、病気になったりするんだね。
    絵柄も好み。

  • 再読日:2012年2月27日
    静と嵐の元になった人達のお話でした。
    皆が皆個性的で面白いです。

  • 金の稲穂の話がすっごく好き。高尾さんは感情を描くのが上手で、何度読んでもいいなあって思う。

  • この人の作品の雰囲気はなんともいえない。

全30件中 1 - 10件を表示

人形芝居 (2) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高尾滋の作品

人形芝居 (2) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする