八雲立つ (15) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.42
  • (13)
  • (8)
  • (57)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :201
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592174356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 闇己くんがさんざんな目に遭う巻。
    「鐡輪の夏」で実の姉である寧子ちゃんに告白されて、マジで動揺しているうちに寧子ちゃんは失踪しちゃうわ、
    「縁切り櫻」で大嫌いな実の父親に大好きだった海潮パパの愛人とムリヤリ引き合されてショックを受けるわ…。

    大きな使命と自分が生まれた経緯への罪悪感を海潮パパと寧子ちゃんへの家族愛でなんとか耐えてきたのに、同時に両方を失って自分の存在する意味に疑問を感じてしまった闇己くん。

    これはキツイ~。
    闇己くんはまだ17歳なのに~。
    かなり闇己くんがかわいそうな1冊でした。

  • 闇己、寧子、安柘とで出かけるが、寧子がわざと安柘を迷子にさせる。
    安柘に嫉妬する寧子。
    寧子は闇己に思いを告げるが、闇己は拒否をする。
    寧子は飛出し、眞前とともに姿を消す。
    七地は逃げてきたしをりと再会する。

  • 康子の性悪っぷりが増してる気がする。

  • *** 我終於買下《出雲傳奇》(八雲立つ=やくもたつ)整套了!全19集!!(東立出版。)還買了《巡行使者》(ヴァムピール)前兩集(台灣東販出版),榮登敝人書櫃中作品最多的作者XD 目前總計44本單行本,6本愛藏版(青文出版)。

    但也因為全買了,不急~可以慢慢看,所以又租了別的書orz

    =========

    本集寧子完全黑掉了@@; 還以為他會永遠把感情藏在心裡,達成闇己的願望,入贅名望相當的夫婿,繼承布椎一家...這也是能和闇己永遠關係良好的唯一辦法啊...唉。

全4件中 1 - 4件を表示

樹なつみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樹 なつみ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする