八雲立つ (17) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.40
  • (12)
  • (9)
  • (59)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :200
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592174370

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「由良と震えて」の後半と「天と修羅」の前半を収録。
    内容的には、かなりヒューマン・ストーリーとして人間の内面をメインに描いたものでした。

    闇己くんは完全にシャーマンとして目覚め、自分の存在意義を再確認し、これから起こることについてしっかりと覚悟を決めたって感じ。
    ある意味、この物語のラストが見えました。

    闇己くんの実父であり、おそらく1つ上の世代では一番シャーマンとしての素質があった(よくよく考えたら出雲系は末子相続が基本だから、本来なら長男である海潮パパではなく末っ子の眞前パパが布椎本家を継いでいてもおかしくない。)真前さんは、単なる悪役ではないなと思いました。

    選ばれた人間として孤独を感じながら、それでも「1人でなんか生きていけない。」と守りたい人たちがいるこの世界を救いたいと自覚した闇己くん。

    もう、この段階でしっかりと自分が犠牲になることを決めちゃったんだろうな~。
    まだ17歳なのに…。

  • ミヅチの「水蛇」が「水虵」表記になってる。どっちが正しいんだ修さん。

  • 楠もだいじょぶやったし、闇己がまともになってやっと楽しくなってきたかな

全3件中 1 - 3件を表示

樹なつみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする