天使禁猟区 (20) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.57
  • (36)
  • (31)
  • (111)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 410
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592176701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今でも時々読み返しては感動してる。単行本に加筆ページがあるけど当時の本誌捨てちゃったからどのページだったか曖昧になってきちゃってるなぁ…

  • [天使禁猟区(全20巻):由貴 香織里]10年近くぶりにまとめて読破。あの頃は直情なミカちゃんが好きだった(今も好きだけど)。今回は吉良先輩が、そして帽子屋が無性に愛おしい…

  • 全20巻

  • 小学生のときに途中まで読んだのを思い出して手に取る。いい作品なのに、後半急ぎ過ぎなかんじした。もっと長くかいてほしかったなぁ。20巻で終わるの勿体ない。

  • 10年経っても古いとは思えなかった!
    ふと発掘して一気読みしたけど、残しておいてよかった・・。
    まさか連載当時と同じところでうるっと来るとは(うω;`)
    カタンすきすぎる。

  • 泣ける鉄板になってる。カタンが死んで、ロシエルが知るシーンは何回見ても泣ける。キャラにそれぞれの想いや話はあるけど、何気に、2人の話が一番好きかも…。ピックアップしてほしいぐらい…。

  • 全20巻。通して読むと結構泣けたりとか…。

  • (2001.2.25 初版)

  • ハッピーエンドとは言いがたいかもしれない。でも、これでよかったと思う。

  • 登場人物が多いので一気読み推奨。

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1987年「別冊花とゆめ」秋の号『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)、『異域之鬼』(講談社)など。
美しく退廃的な世界観と稀代のエンターテイメント性を併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。
重版続々の超話題作『架刑のアリス』をARIAにて絶賛連載中!

由貴香織里の作品

ツイートする