ガートルードのレシピ 第4巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.64
  • (42)
  • (20)
  • (98)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :352
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592176992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本編最終巻。
    兄の術で眠っていた佐原がガートルードにより目覚めさせられ、解体が始まってしまった。佐原の命を削って見せられるのは元の魂だったガートルードとその双子の妹の過去。そして先に消えたガートルード。佐原が彼の血を使って呼び戻す時のカーティスやプッペン、マリオットの活躍が嬉しい。再会に感動。
    後日談的なラストで、博識屋の店にバイトに雇われたカーティスが意外なような。
    佐原がただ守られる女の子ではなく、強さを持った女の子なのでガートルードよりもかっこよく見えた。素敵なファンタジーでした。

  • 本編終了。泣けるわ。
    ススギちゃんがすきでね…

  • 購入済み

  • 懐かしくて手にとってみました。
    草川為の昔の良作。

    着想に目新しさは無いものの、ゴシックホラーなところを軽いポップなテンポで乗り切っているところが、この作品の最大の魅力。あとキャラもよかったな。プッペンとか可愛かったしね。ガートルードも優男キャラながら、ちゃんと考えが男前で魅力的だし。主人公(女)も男前だし。

    皆さん自分勝手ながら、きちんと考えを持っていて、その行動結果がある結末に結びついている。
    バランス感覚もよいね。

    最近長編みませんが、またこういうの描いてほしいです。

  • みんな、それぞれが事情を抱えていて、誰が悪いのかなんて、簡単には決められないなぁと思いました・・・!

  • <a href="http://mxrxchirin.blog113.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank">1巻
    </a>とまとめてレビュー。

  • すっきりしたファンタジーで、かなりおススメです。

全13件中 1 - 10件を表示

草川為の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする