緑の黒髪 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.57
  • (49)
  • (48)
  • (160)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :392
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592177920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • …痛みがキラキラ砕けて散った、ような。
    悪意の塊なんて人間はいなくて、でも誰でも悪意をその身の裡に抱えていて、潜ませていて。それを見たくないのに、話の合間にすぅと差し込んでくる、この巧みさ。砕けた痛みは作品のそこかしこに散って。冬の日の追いかけっこ、血の繋がらない少年少女の家族関係、切られた黒髪、美しい緑の黒髪。まるで文学。

  • この二人の関係は本当によかった。
    恋愛感情ではないけれど、とても強く惹かれ合っていて補いあっていて。だからこそ、この結末に至ったのだと。
    それぞれの思いに胸が苦しくなる。ある意味不器用で、だけどとても純粋で真っ直ぐ。

  • 時々読み返す。
    望月さんは微妙な心理をうまくついていて、
    義理の兄妹の、向いてはいけない方へ葛藤する姿の描写が素晴らしい。あと黒髪をうまく使ってるなぁ、と。鳥肌!

    読み終わったあとは、どこか悲しい、せつないけど
    ほっとする。不思議な感覚が多い。
    思春期のエグさを書かせたら右に出る人はいない。

  • 義理の兄弟。男女。思春期。危うさが素晴らしい。

  • 個人的に、
    「いつもかわりに怒ってくれたから、優しい気持ちになれたんだよ」ってところが胸につきささった。

    ちょっとニュアンスが違うけど
    人が怒ってるときに
    まあでもあの人にはあの人なりのいいところがあるよって、言うのは、
    性格のできているわけじゃいんだ。
    なだめるのは優しくないね、
    当人の視野をひろげてあげてる、自分の度量の深さを示しているつもりかもしれないが
    翻って、当人の心が狭いと、あげつっらているような態度かもしれん。
    当人の感じた気持ちに配慮がない、よりそう気の全然ない姿勢かもしれん。

    かわりにおこったり、
    あるいはいっしょに腹立てることって、
    相手に、心の余裕を作れるよう、促せる、ホントの優しい気持ちなんかもしれん。


    場合によるか。一緒にキレてたらどんどんずれてくかもしれんし。
    まあいずれにせよ、
    自分のふるまいや考え方をゆさぶってくれるところがあるので 、
    大事なお話のひとつになっている。

  • あやうい。そのあやうさが良い。

  • もー好きて感じ。

    読んでる人との距離を遠く作っているというか。
    なんか表現が独特というか。
    余計気になる。

    たくさん読むといいと思う。

  • 望月花梨に外れなし。ですが、この作品は他の作品に隠れてしまっているように感じます。少し影が薄いです。ただ、幼い頃の主人公ふたりを回想する中で、「女性として意識しないように象徴である長い髪を切った」という場面は、ふたりの危ういバランスを感じさせて印象的でした。

  • 2009.5 望月花梨先生既刊コンプリート完了

  • カバー折り返しのイラストがすごく好き。

全30件中 1 - 10件を表示

緑の黒髪 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

望月花梨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

緑の黒髪 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ツイートする