人形芝居 3 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.40
  • (194)
  • (56)
  • (58)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 769
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数年ぶりの新巻で売ってしまった1.2巻をもう一度買い直しました。

    涙なしには読めない…そんな漫画です…。
    これ…ほんとに漫画?とも思うほど。

  • 1巻から読んでましたけど、3巻でぼろ泣きしたのでこっちで登録。
    もうね、全部切ない!この人の書く恋愛ものって、もう…(言葉にならない)!
    特に二話目はやばかったです。これからも一年に一回のペース、いいんじゃないですかね^^
    嵐と静が変わりすぎてて最初誰か分からなかったけど、これはこれで好きです。

  • 9話目が一番好きです。
    マリアの一途さが愛おしい。
    何度読んでも泣ける。
    切ない。

  • このシリーズ大好きです。この巻のお話はどれも切なくて甘い。

  • 出ましたね。9年ぶりの最新刊だそうです。花ゆめといえば10代に読んでいた漫画雑誌で、その頃に「人形芝居」に出会って、この漫画家さんが好きになって、花ゆめを読まなくなってもコミックは手放せずにいた作品です。今回は収録作すべてが恋愛テーマだけど、少女漫画の枠なのに恋愛だけには留まらない人間描写が好きです。

  • この人とアンドロイドにとってどっちが幸せなんだろうと考えさせられる。メリーバッドエンドと言うジャンルなのかしら?

  • 2巻を読んで、なかなか続きが出なかったのでもう出ないだろうと思っていた3巻。出ている事に4年ほど気づかなかった(>Д<;)どの話も泣いてしまったヾ(*T∇T*)大和にもう一度会いたいと願ったマリア。バージンロードを歩いた史と桃香には号泣。パースレインは今までとのドールとはちょっと違う感じで切なかった(;∀;)4巻気長に待ってます!!

  • 絵を見たとき「アレ?」って思ったけど
    八年も経ってたのかぁーなんかすごい

    9話、10話、11話を収録
    人間と機械の叶うことのない恋が中心でした
    個人的に10話と11話が大好きだな

  • 物語、絵、最高ですね

  • 全話いい話だった。
    涙が止まらない。
    まだ続いてるのか気になる…

  • どのお話も抜群によかった。パースレインの「ぼくのマリー」が最高に切ない。

  • この間、最新作が雑誌に描かれたらしいので単行本になるのが楽しみ。と言うわけで1~3巻探し出して読み直しました。この人の描く人物はふんわりした線で好きだなあ~。でもお話は別にふんわりなだけじゃありませんけどね。

    2巻の嵐と静の生みの親の話が好きです。二人がどうやってであったのかも気になるところです。

  • 昔の絵柄も好きだけど、クセになるのは今の方かな。
    この3巻だけで独立して短編集としてもいいくらい。高尾先生はすごい…としみじみ思います。11話がいちばん好き。パースレイン…!!
    子型機械人形たちが、とっても愛らしいです。続きが出るといいな。

  • 大人になって漫画から離れても、これだけは売れない、捨てられない。
    言葉に表せぬ余韻、高尾滋ワールド全開です。

  • 「高尾滋版・名探偵コナン」を拝めます。

  • アンドロイドと人間の愛の話。
    どんなに想いあってても
    相容れないものがそこにはあって。
    桃香の言った寂しいって気持ちがわかる。
    もっとシンプルになれたらいいのに。。
    人って複雑。

  • 愛とはなんだ。一緒に生きるとはなんだ。そういう話がたくさん詰まったマンガです。

  • ~3巻。
    どんどん好みになるなぁv4巻出るかなぁ?

  • 久しぶりの単行本!

  • 待ってました!

全57件中 1 - 20件を表示

人形芝居 3 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高尾滋の作品

人形芝居 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする