フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.44
  • (144)
  • (87)
  • (609)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1822
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんと言っても、楽羅の告白が心に残りますね。

  • かぐらああああああ!!! ……泣く。

  • 再読日:2012年12月27日
    神楽の恋の元になったきっかけは最低なものだったけど、
    それをずっと胸に閉じずに夾に打ち明けた勇気に感心しました。
    いつかは神楽にとって良い人と言える人を見付けて欲しいです。

  • さっき、本音がどうのこうのと書いたけど
    一番意味不明だったしぐれが一番本音で喋ってた可能性についてびっくりするくらいには読めてきた

    本音でぶつかるのも凄いけど
    あんたけ複雑な状況で本音でぶつかって
    でも完全に壊れないのは
    人間強く頑張ってるのもあるやろうけど、
    理解しようとかわかろうとか頑張ってるからかそだよねぇ

  • 2011/02/28:コミックレンタルにて読了。

  • 楽羅と夾の間に重要事態。
    リンちょこちょこ登場し敵意撒き散らす。
    みんなの進路。
    花ちゃんの恋?

  • いやぁ、1ページ目からかましてくれましたね、この男(笑)
    綾女さん、かなりツボです。

    何やら色々動き始めたような。(それとも私が気づくの遅い?)
    楽羅の話とか、やっぱり読んでいてつらかったけど本当に心を動かされました。透と両親についても、なんだかいいことばかりでもないのかなぁという感じです。
    いつも明るい透がガラガラ崩れていくようなのを見ると本当に不安になります。

    夾くんの三者面談が、描写少なかったけどなんかぎゅうと胸がつまりました。

  • チビ夾かわいすぎる……三者面談のダイヤモンドダストwwwwwwww
    寝込んでるおじいちゃんがああいうこというのは反則…(´;ω;`)

  • 新学期が始まり、ついに新生徒会メンバーが勢ぞろい!!
    由希の周りが忙しくなる中、透は皆に内緒で藉真を訪ねる。十二支の皆を草摩家の「呪い」から解放したいと言う透に藉真は?
    一方、そんな透の動きをリンが警戒し――!!

  • 主人公、透ちゃんの生き方、笑顔に励まされる。ふとした時に読みたくなる、素敵なお話です。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

Fruits Basket Volume 12 ペーパーバック Fruits Basket Volume 12 高屋奈月
Fruits Basket, Vol. 12 コミック Fruits Basket, Vol. 12 高屋奈月

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする