フルーツバスケット (13) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.44
  • (145)
  • (91)
  • (618)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1815
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 紅葉は本当にいいこだ!

  • 他人のことばかりな透くんが、無自覚にしろ夾くんに対して我儘な気持ちを抱くようになったのが感慨深い巻。

  • 修学旅行。京都。

  • 再読日:2012年12月27日
    由希の三者面談に、紅葉とモモ、京都への修学旅行の話。
    紅葉とモモの話が印象に残りました。
    モモのお願いがいつか叶って兄妹揃ってviolin演奏出来ます様に。

  • お兄ちゃんな紅葉が大好きだ~

  • 修学旅行。
    生徒会の活動、少しずつ本格化。
    ゆんゆんの母vs兄。

  • 由希の三者面談。お母さんが衝撃的でした。そして、綾女さんがすごくかっこよかった。P28の綾女さんの笑顔が本当に嬉しそうで、ひゃ~////(?)って感じでした。
    …いや、やっぱ少しはツボだったけど(笑)

    第74話、第75話はすごくよかった。心から感動した。星に願いを。

    生徒会の人たちが由希くんに影響を与えていってるように感じます。修学旅行。寝起きの由希くん(^_^;)

    夾くんは好きだなぁ。だんだん魅力的になってる。「猫さん」だから、透にとっても特別な存在なのかもしれませんね。

  • 由希ママ登場、由希くんがんばれいろいろ……
    修学旅行とかおいしいよも~(´Д`) 紅野何しててもかっこいいよも~(´Д`)

  • 延期になっていた由希の三者面談の日。進路を決めつけて全く話を聞こうとしない母を前に、由希は!?
    一方透は、親友・うおちゃんの想い人“クレノ”が草摩紅野であるのかを確かめるため、1人で草摩本家を訪れるのだが――!?

  • 主人公、透ちゃんの生き方、笑顔に励まされる。ふとした時に読みたくなる、素敵なお話です。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (13) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (13) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする