フルーツバスケット (17) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.48
  • (153)
  • (112)
  • (591)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1821
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16巻を読もうとして間違えました。紅野さんがそばにいてくれていいなあ慊人。しかも最後には2人とも1番好きな人と結ばれるし!いいなあ~。おめでとう!(気が早い)

  • 再読日:2012年12月27日
    慊人の母、楝が初登場。
    慊人が髪を伸ばして女として育っていたら、こんな容姿だったでしょう。
    慊人の性格の捩じれは彼女が原因そうとも感じました。

    この母娘、雰囲気がどろどろな昼ドラみたいで一瞬「牡丹の薔薇」を思い出しました。

  • 16巻読むまで保留ということで。

  • 2011/02/28:コミックレンタルにて読了。

  • この巻はいろいろわかる巻。
    というか予想が裏づけられる巻というか。
    これで話が動きはじめる準備はできたでしょうか。

  • 慊人の真実。紅野の「呪い」。紫呉。
    だんだんと謎が明かされてきています。もっと何かありそうだー。
    読むペースも落ちてきた…。1冊ごとにインターバルが必要になってきました(笑)

    夾が透に花をあげるところ、ドキッとしました!
    第100話の扉絵が好き!最近3人でいるの見ないから…

  • 紅葉が紅野に手渡したDVD。しかしそれを観た紅野の言葉に動けなくなってしまった透…。彼の口から告げられた衝撃の事実とは!?
    そして透の涙に依鈴が、花ちゃんが動き出す…。
    十二支の“呪い”―その謎への扉が今、開く!

  • 主人公、透ちゃんの生き方、笑顔に励まされる。ふとした時に読みたくなる、素敵なお話です。

  • 000087,K004-コ9999999-004

  • ★ 2005

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (17) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (17) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする