フルーツバスケット (18) (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.50
  • (160)
  • (102)
  • (561)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1789
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178880

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読日:2012年12月27日
    真知の弟への真相と心情が判明し、弟殺しは誤解だと解けました。
    難しい両親だけど、きっと気持ちが伝わると信じています。
    そして素子の気持ちに漸く気付いた由希。遅過ぎです。
    卒業とはこう言う事だと感じる素子に
    私も高校時代こう感じた事がある事を思い出しました。
    依鈴の幽閉と発見、再会、とあれよあれよと話しが進みました。

    紫呉が言う様に透達が卒業するまでは絆から解放されて欲しいです。

  • 慊人にきれた後、昔を思い出して、引き返そうとした撥春が好き。本当は本当に戻ってほしいくらいだった。でもそれではリンと幸せになれないから、願ってはいけないことなんだろう。

  • それぞれの思い(主に恋心)が渦巻く18巻!
    春や紅野が慊人に反発。
    リンはやたらと女性に疎まれていてかわいそうだな。
    そんな中、燈路のお母さんに癒された。素敵な人だなぁ。

  • 2011/02/28:コミックレンタルにて読了。

  • 生徒会の話。
    おもに真知の。
    行方不明になったリンの話。いまどこに。そしてグレさん衝撃発言。

  • リンと潑春、いいなぁ。すごく感動しました。
    未だに慊人・楝がつかめない…

    時を流しながら進むこの作品はとても良くできているなぁと思います。タイムリミットが近づいてきているんですね。

  • 真知と由希の関係に新展開!?
    真知の抱える心の闇とは…。一方、紅野に会うため草摩家本家を訪ねたはずの依鈴が、行方知れずになってしまう。そんな中、燈路から依鈴の大怪我の真相を聞いた?春。遂に彼が慊人にキレる!?

  • 主人公、透ちゃんの生き方、笑顔に励まされる。ふとした時に読みたくなる、素敵なお話です。

  • 000088,K004-コ9999999-004

  • ★ 2005

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

フルーツバスケット (18) (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高屋奈月の作品

フルーツバスケット (18) (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする