図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社 (2008年4月5日発売)
4.01
  • (335)
  • (248)
  • (263)
  • (24)
  • (5)
  • 本棚登録 :2190
  • レビュー :183
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592180463

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメよりずっといい!

  • 978-4-592-18046-3 188p 2008・4・10 1刷

  • 小説のコミカライズって賛否両論だと思うんですが、これは当たり!です。

    原作の図書館戦争が大好きなだけに、微妙だったら嫌だなぁ…と思ってたんですが、杞憂でした。
    少女漫画らしく、ラブもちゃんとあるし、何より原作をそこなってないのがいい!!

    たまに挿入されてるオリジナルの話も良くできててニヤリですw

    LaLa本誌ではいよいよ革命の話に突入です。
    どうやって描いていただけるのか楽しみ!!
    でも、本誌だとページ数少ないんですよね〜…。
    でもっ!!次に発売予定の12巻…?だっけか。
    には柴崎と手塚のむふふも載る予定!
    今から楽しみです!

  • アニメ→原作→映画と来て、ついに漫画まで手を出しちゃった。
    アニメで削られた所も丁寧に書いてて原作をうまくアレンジしてて凄いなと。
    特別漫画や四コマも面白い。
    この巻のお気に入りはクマ事件のあとの四コマ。
    堂上教官のツンデレがかわいい

  • 有川浩ファンとしては、コミックも読んでみようかな。
    ということで、遅ればせながら読んでみました。

  • 小説(文庫版)に嵌った勢いで購入。
    キャラは大体イメージ通りだけど堂上教官が想像以上にイケメンだった(笑)
    小説版では分かりにくかったけど、漫画版だと堂上→郁への特別な感じがより強く描写されてる様に思う。
    後、絵がある分、少なくとも王子様の正体が誰かは速攻分かる(小説版は明かされるまで気づかなかった私……)
    アレンジも少女マンガらしい感じで悪くないので、良かったー。

  • 面白かった、けれど、世界観にはついていけないカンジかな。本は好きだけれど、本を守るために命を懸けるひとに共感はない。思想の違う相手を暴力で従わせようとする世界、『オルフェウスの窓』を思い出した。今は違うけれどちょっと間違ったらそうなってしまいそうで怖い。(2018-01-17L)

  • 堂上教官のツンデレがとても良い。
    今後も読み進めたいです!

  • 『図書館戦争』コミック化、LaLaバージョン。
    小説の漫画化は、オリジナルの漫画とはまた違うセンスが問われる。小説をそのまま漫画化したら、大変なページ数になる上に、読みづらく説明臭くて面白くない。
    情報の取捨選択の質が、漫画と小説では異なるからだ。
    どのエピソードにどのくらいのボリュームを割り当てるか、エピソードの順番や意味付けすら変える覚悟で構成し直す必要がある。そして、パロディ(アレンジ)出来るくらいのキャラクターへの理解も必要となる。
    LaLaバージョンは、掲載誌である少女漫画としてのニーズにも応えた、良いコミック化だと思う。

  • 原作を読んでいるときに思い描いていた、堂上教官と玄田隊長がいてくれて、それが何より好きでした♡

全183件中 1 - 10件を表示

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

弓きいろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする