V・B・ローズ 第11巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.62
  • (35)
  • (28)
  • (89)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 514
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592181712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巳艶と紫の出会い話、そして巳艶と露の過去。すれ違いは悲しい。素直になれないひとばっかり。あげはの平手打ちな気持ちはわかる。

  • G)

  • 11巻まで既読<1〜11>
    登場人物全員の言動がコミュ能力が低そうなのが気になった。なんていうか、読んでる最中始終「敬礼!出た!敬礼出た!得意技!敬礼出た!敬礼!これ!敬礼出たよ〜〜!」←このコピペ思い出してた。言動がすごいオタクぽい。自分の中で会話完結させちゃってる感じ。職人だから有りなのかな?って最初は思ったけど、服職人じゃない普通の脇役も同じ感じだし、職人系の関わらないっていうコミュ能力不全じゃなくて、積極的に関わってくるウザイオタクみたいなコミュ能力不全ぽい。
    何で「服」という大好きな題材かつ「職人」という心にぐっとくる題材なのに、こうも違和感を感じるのか不思議だったんだけど解決。作者後書き見ても好きそうな服は似通ってるのに感じる違和感。イメージでいうと、ジャニーズのコンサートに来てる子達。服は可愛いのに……っていうあの感覚。的確な言葉が見つからないけど、やっぱずばり電車の中のオタク二人組の敬礼コピペが一番しっくりくる

  • 有坂さんと黒峰さんの中学生時代。
    ・・・一歩間違えばBLな思い出話でした・・・ふぅ。
    露ちゃんと黒峰さんがうまくいきますように。

  • コメディの中に時折どっぷりシリアスがくるから
    いい。
    いつもハイテンションなのでガス抜きも必要だから。

  • 巳艶と紫の中学生時代編。と、巳艶と露の小学生時代編。
    次巻で巳艶と露の関係に進展はみられるんだろうか?

  • 女の子が皆お洒落で可愛くて大好きなんです。

  • 11巻にして(?)紫くんと巳艶くんが出会った学生時代の話になりました!最近紫くんとあげはのノロケばっかだったしね(笑)。 巳艶くんには活躍してもらいたいです><

  • みつやさまだいすき!

  • 今回は巳艶と紫の馴初め(笑)。そして露が伯母の持ってきた縁談話を受けることにするのだが・・・・。相変わらず乙女なイラストなのに個々の個性が強い。口が。性格が。でもそんな所がイイんだよ♪

全13件中 1 - 10件を表示

V・B・ローズ 第11巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

日高万里の作品

ツイートする