ゴールデン・デイズ 第5巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.88
  • (120)
  • (47)
  • (156)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 750
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 節ちゃんかわいい。猫娘みたい。

  • まさかのホクロの真相が百合子さんからww光也と関わるようになって仁も百合子さんも亜伊子も皆ちょっとづつ変わっていってる。慶は光也よりも大人で自分がこの時代に関わる事で歴史が変わってしまうかもしれない事に恐れを抱いてる。それは、もしかしたら未来の自分が居なくなってしまうかもしれないしね。。その気持ちは分からなくもない。でも節っちゃんとのあのシーンはどきどきしたよ…。そして今にもあふれそうな気持ちに切なくなった。

  • 面白かった

  • 再読日:2012年2月24日
    仁の勘違いで起きた騒動のオチが可愛かったです。
    互いにとって本当に親友なんだ、と。
    慶と節、亜伊子と祭の互いの気持ちも少しずつ進行中。
    人と人との繋がりが今後楽しみです。

  • お前は 光也だからいいんだ
    どうしような光也 人が 恋しくて 寂しくて負けそうだ 俺まで走りだしてしまいそうじゃないか
    友達でいたいなら 相手をわかろうとする努力をしないとな  一緒にいて …淋しくならない奴?
    心 綺麗なものを見せたいという気持ち 喜びをありがとうという気持ち きみが すき という気持ち
    辛くなかったはずはない あんな 優しい女が あの 優しい百合子を泣かす気か―― そこをどけ!
    お前が怒るところを見るの…僕は大好きだ 慶光 光也は素直でまっ直ぐだ それを慶光も知っているのか? 心のままにふるまう眩しさを お前は知っているのか?
    ここから 七十年…… よりもっと  長生きしてくれ
    安心しろ お前の分まで長生きしてやるよ

  • 光也の存在を通して仁・亜伊子が変化してる。ゆっくり着実に物語が進んでいる感じがします。

  • 節と慶・亜衣子と祭・百合子と隼人などの周辺エピソード巻。それぞれの関係の変化が胸に来る。

  • *借り物*

  • 節の強さを感じる巻です。慶が節に焦がれていきます。でも世の中は慶の知るこの時代の日本の未来に近づいていく

  • 大正浪漫というだけで手を出したんですが、良かったです。
    高尾滋さんの作品はこれが初めてなんですけど、言葉遣いのセンスと間の取り方がとてもすてきだなあと思いました。
    繊細できれいな絵柄にもうっとり。

全27件中 1 - 10件を表示

ゴールデン・デイズ 第5巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高尾滋の作品

ツイートする