ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (6) (花とゆめCOMICS (3306))

著者 :
  • 白泉社
3.60
  • (32)
  • (42)
  • (75)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 499
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蓮くんの『なんちゃって小林輪』は可愛い♪
    蓮くんは本当にお父さんもお母さんも大好きなんだね。
    でも、紫苑を泣かせて迄、そんな事をしてはダメだよ…
    『なんちゃって小林輪』に言い包められる前世メンバーの情け無い姿と蓮を知り尽くしていて『なんちゃって小林輪』を別人と言い切るカチコちゃんの姿が対照的だったのが面白い。
    さぁ、今の小林輪は父親として蓮を説得する事が出来るのか?(笑)

  • ○感想

    キャーがかわいい。

  • 未購入

  • サイコメトリーは、今の意識とコミュニケーションがとれるわけではなくて、あくまで、ある時間の強い思いを読み取ってしまうもの。

    これは、確かにそうなんだけれども、それをここまでしっかりとかいた物語って、けっこうなかったかも。と思ったけれど、「ぼくの地球を守って」も、確かに、そういうかかれ方をしていたのかも。
    今回の様に、いろいろ解説してくれる大人がいなかったけど、そうすると、確かに、紫苑と輪の関係とかは、すごく鮮明に見えてきます。
    なんか、はじめて、「ぼく地球」を理解した気が……というより、今まで理解できていないのが判明した感じです。

    まぁでも、輪は働けよという感じですね。ありすは、母親じゃねぇんだから。

  • 迅八未練ありすぎっていう笑

  • が、頑張れ!作者!と言いたくなる。前作はすばらしかったので、期待している。他の作品が……

  • 買ってはある

  • 昔の輪くん、久しぶりで懐かし〜。
    ぼく地球をまた読みたくなっちゃった。

    2009.7購入¥200 /  2009.7.13読了

  • シリーズ中、一番好きな表紙。
    内容は凄いシリアスだったので、そのギャップに転げた。

  • シオンのイメージが変わりました。

全24件中 1 - 10件を表示

日渡早紀の作品

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (6) (花とゆめCOMICS (3306))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×