ゴールデン・デイズ 第8巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.38
  • (318)
  • (51)
  • (126)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 996
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182931

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵柄がものすごく美しい。
    あと、昭和初期とか、和洋混ざり合ったあの時代が大好きなんで、すごくツボです。
    以前から好きな作家さんなのですが、今後も美しい作品をどんどん送り出してほしいひとです。

  • ここまで描ききった作者に拍手喝采。最後まで雰囲気の崩れない、浪漫的で劇的な物語でした!

  • 久々に本気で泣いた漫画。

    詳細は後日、でもおすすめです。

  • とうとう最終巻になってしまいました。どんな風に物語をまとめるのかと思っていたら、帯にあるとおり感動の最終巻だったと思います。
    祖父・慶光が年老いてからも悔やみ続けた運命の時。光也は仁を救うことが出来るのか?
    慶の選択も、亜伊子、百合子、仁のその後も感動です。
    読んで良かったなあ、この漫画と思います(笑)。
    この漫画を読んだからだけではないですが、明治大正の時代の勉強がしたいなと思いました。

  • 久しぶりに泣きました〜

  • ■人気優先で終わりを知らない少年マンガより、少女マンガが優れていると思うのはこうやって綺麗に物語が完結した時ですね。今回これを読んで、余計なものが入らない、純度の高い作品を読む事ができてとても幸せだと思いました。ひとつ欲をかくなら、これを1〜8巻まで一気に読みたかった…! 今から読む人が心底羨ましいです。

  • 改めて戦争に対しての不条理さを感じて、切なくて切なくて涙が止まりませんでした。みんな最後まで幸せな気持ちであったことを祈ります。

  • とうとう終わってしまった・・・っ(@_@。
    大泣きしてしまいました。

    純愛と戦争とタイムスリップと・・・楽しかったデス。
    BLテイストもあって。

  • 幸福が
    時を越えて届く
    眩いばかりの
    日々が
    君よ
    幸せであれ!

  • 最終巻。
    最後どうまとめるんだろうと不安に思ってたけど納得のいくラストでよかった。
    まつりくんと亜伊子が添い遂げられたのが何気に一番嬉しかった(笑)
    時を越えた友情(?)に乾杯!!

全127件中 91 - 100件を表示

ゴールデン・デイズ 第8巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

高尾滋の作品

ツイートする