ロアの森―forest of lore (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.37
  • (7)
  • (12)
  • (27)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183006

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロアと言うのは噂話。口から口へ伝う物語り。
    それを集めるサイト「ロアの森」は招かれた者しかたどり着けず、関わると不幸が訪れるミステリアス・サイト。
    ロアの森に迷い込んでしまった瑛子は、学校の噂話を見つけ調べてみることに…。それは真実か虚偽か?

    都市伝説系のミステリーホラー。
    なかなか雰囲気が出ていて面白かった。
    全て読み切りタイプの話ではあるけれど、毎回名倉という性の少年が関わっているのが気になるところ。
    個人的には後ろの正面の話が好きだった。童謡の怖い話はやっぱり惹かれるものがある。

  • ホラーというか都市伝説みたい。面白いと思うけど、なんかイマイチ…
    絵はすごく綺麗で怖さもあるけど、内容が分かりにくくて、その絵が台無し。ホラーやるなら徹底的にやらないと、中途半端にされて面白くなくなってしまいます。

  • 表紙買い
    あんまり怖くないです

  • ホラー
    女子妄想症候群の作者
    現在は所持無し

  • やっぱりイチハさんは絵が美麗!
    都市伝説風の世界観が素敵

  • 薬局のいろいろ待合室でちょいちょい読んでて続きが気になります。なんかちょっとぞっとする感じの話。まさに一話?だけ読みましたが、続きが読みたい。結構面白かったです。
    というわけで購入して読みました。ええ、読みましたとも!その後に見たやりすぎコージーの都市伝説DVDで怪談をちらっと聞いてしまったせいで若干恐怖感が2割ぐらい増しましたw
    ストーリー的に、最初に出てたあのロアの森サイトが全然絡まなくなってたんですが…?2話目はかごめかごめの話で、3話目は黄泉の国?と現世界が繋がってるという話。マヨイガと、ありましたが、百鬼夜行抄で読んだマヨイガとはちょっと違うような。。1話目に比べると、2話目、3話目はなんとなく話の見せ方が複雑で話かよく飲み込めなかったこともあり、なんとなく印象が薄かったです。前にどこかのレビューでサイトの話を今後掘り下げるなら続き読みたいと書いてる人がいましたが、まさにそうだなーと。全然あのサイトがなんなのかというようなところにはいかない話でしたね。うーん。ま、面白かったですが、とりあえず本と本の間に隠しておきました。表紙がちょっと不気味で。。w

  • 人間が一番怖いって話。

  • 不気味さが良い感じ

  • 作者買いだったので何も確認せずに買ったんですがまさかのホラー。
    内容は結構ゾッとするものが多くてすごいなぁと思いましたが
    イマイチよくわからない終わり方が多くて消化不良な感じです。

  • 2009/3/22購入・3/23読了。

    妹の購入していた「女子妄想症候群」が面白かったのと、ホラーモノがすきなのとで、購入。

    おもしろかったー!

    一体名倉くんは何人親戚がいるんでしょう。どの名前も「シオミ」と読めますが・・・。
    描き下ろしに出てきたのはどの「名倉くんたち」だったのやら。。。最後の最後が、謎でした;

全12件中 1 - 10件を表示

ロアの森―forest of lore (花とゆめCOMICS)のその他の作品

イチハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロアの森―forest of lore (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする