赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.10
  • (342)
  • (230)
  • (216)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 2149
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで表紙を見てやばいなーと思っていたのだけれど、実際読んでみたらほんとゼンがどストライク過ぎて。。なにこれ、格好良い…。そしてこの付かず離れずの2人の関係性もホントなに…。コレはとても良い少女漫画。

  • 生まれつきの赤い髪を持つ白雪は、その珍しい髪が原因で、自国の王である悪名名高いラジ王子に求婚されてしまう。
    自分の人生は自分で決める! と国を逃げ出した白雪は、森の中の一軒家でゼンという名の青年と出会う。
    彼は白雪の気持ちを尊重してくれ、次第に白雪と親しくなるが、白雪の国から来た追っ手に渡された林檎を食べると倒れてしまう。
    解毒剤があると聞かされ、仕方なくラジ王子の下へ向かう白雪だったが……

    という話でした。
    「自分の道は自分で決める」と言うカッコイイ系女子・白雪と、隣国の自由人的王子・ゼンの話。
    ゼンは自由人だけれど、ちゃんとした自分のポリシーがあって、白雪もそれと共感して、ゼンのいる国で生活することを決める。
    しかも、それで満足しないで、次のステップに進むために自分の力でゼンの下へ来れるように、勉強もするし、努力もする。
    そんな白雪がかっこよくてゼンとの関係もとっても前向きでいい感じだなあ……と思います。

    甘くもあり、かっこよくもある話なので、面白いとは思います。

  • 積んでた(らしい)のを発掘。続巻は中古で集めようかな。結構好きな感じだった。

  • この作品のキャラクターは、皆芯があってかっこいい!
    どこかクールで、でも情にあふれたこの世界のみんなが大好きです。

  • とても好きなシリーズなんですけど、シリーズ当初の数話分の記憶が無かったので、1.2巻だけ読み直し。
    ゼンのそばにいると決めたことで早い成長を求められて苦労も多いけど、前向きで強い白雪が好きです。

  • 4巻まで。ゼンは男前すぎる。あとリュウのエピソードが欲しい。

  • 絵が好き、ファンタジーが好き、そして、白雪の、守られているだけじゃなくて、自分で道を切り開くところが好き。

  • “「赤ってのは運命の色のことを言うんだろ
    今は厄介なだけでも
    案外いいものにつながってるかもしれないぞ」”

    白雪もゼンも真っ直ぐなのが良い。
    名前の付け方変わってるなぁ。漢字の人とカタカナの人が居るんだけど、別に国が違うとかではない。同等扱い。
    小物の描き込みが素敵。

    “「どんな花が咲くんだあれは?」
    「ユラシグレ?
    葉と同じ位の大きさの赤い花
    アケギシグレと並べて見ると花びらの形が違ってて面白いよ」
    「ふーん 赤ね
    なら俺は とびきりのをもう知ってるな」”

  • 絵がキレイ
    さっぱりしてるから読みやすい
    なんだか愛おしくなるキャラばかり
    ファンタジー好きです

  • 絵綺麗です><可愛い!!
    白雪好きです、可愛いww

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

ツイートする