赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.10
  • (342)
  • (230)
  • (216)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 2150
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 珍しい赤い髪を理由に、タンバルン国王子ラジに気に入られ妾になれと言われた白雪。王子の手を逃れるため白雪は国を出て、ゼンという一人の少年に出会う。しかし隣国までも王子の手は迫り、白雪は…ゼンは…!?

    舞台はどこかの王国クラリネス。白雪とゼンの出会いとその後の物語です。
    絵とか服とか舞台とかもちろん登場人物たちも!私好み過ぎるマンガです。大好きですv
    白雪の芯の強さに憧れます。私もあれぐらい強くなりたい。
    でもその強さには無茶も含まれてて、そういう部分が最近ほどけてる白雪が可愛くて仕方ないv←
    よく泣くようになったよね。幸せになってほしいなぁ
    大好きなマンガなので、全力でオススメします!
    いいお話です!強さと優しさをもらえます。この人たちみたいに生きてみたいって思います。

  • 白泉お得意の雰囲気ファンタジー乙って感じで敬遠してたけど
    ありがちな、ファンタジー設定だけが突っ走ってる中身がない話じゃなくて
    世界観とか構成とか色々調べたんだろうなぁって感じに中身が詰まっててすごくいいファンタジー

    絵も丁寧で背景の書き込みもしっかりしてあって、かといってごちゃごちゃしてない、本当にジブリでそのまま映像化できそうなくらいのレベル
    恋愛関係はやや物足りない程度にさらっとしていてるが、それでいて要点はしっかり押さえてある
    初コミックらしいけど、優秀な作家さんだなーと思った

  • なんとも…!設定がツボです。そして衣装もツボ!黎明のアルカナと設定が結構カプりますがこちらはこちらでいい味を出していると思います。ゼンと白雪の関係がとっても良いです!お互いを信頼していつつも謙虚なあの2人がたまらなく愛おしいと思います。そしてゼンのプロポーズ…!たまらないです! ちょっぴりオビの行動などが気になります…。

  • 表紙惚れ。

    ヒロインがたくましすぎていみがわからないwwww
    上からものを言う人間が多い…わずらわしいなみたい台詞が素敵。
    初回にしてベタ惚れ。
    ゼン、すまないな、私のほうが先に惚れていたんだ!(爆)

    いい少女漫画です。
    絵が可愛い。私はオビラブ!
    久々に萌える漫画引き当てましたwww
    何回読み返したって満足な時間でしかない。

  • 好きで好きで仕方ない。

    わたしの好む、花とゆめコミックスっぽさとLaLaっぽさのあるファンタジーの気配がして何気なく読み始めたけど大当たり。
    既刊全巻読み終わって、これは手元に置きたいと思い即座に全巻買いに行きました。

    初期はまあ普通のかわいらしいラブストーリーって感じなんだけど、中盤に主人公が城で働き出すあたりからラブストーリーのゆるっとした面よりも色々起こる事件を解決するストーリーが増えてきてぐっと面白くなる。
    事件などのストーリー中心のところにラブが入るからより面白い。

    キャラクターたちが大体みんなかっこよくて気持ちいい性格のキャラたちなので、みんなを好きになる。

    とりあえず読んでみて欲しいマンガです。

  • 赤髪を理由に自国のタンバルンの王子に愛妾にされそうになり逃げ出した先で出会った、隣国の第2王子ゼンと白雪。
    王道といえば王道だけれど、主人公の白雪は悲嘆に暮れずに逞しく行動していくし、ゼンも王子だけれど変に偉ぶってなくけれど完璧でもなく、登場人物たちがしっかり生きている。
    世界感や小物、服装なども作者のオリジナルで現実に戻されることなく読める良作。

    ゴリッゴリの思惑入り乱れる濃厚なファンタジーを読みたい方には向かないですが。

  • ゆったりとした時間の流れと、シーン毎に感じられる温度。それらが良い塩梅を生み出している良作です。
    主人公は真面目で努力家。やや頑固なのが玉に瑕なくらいで嫌味の無い良キャラです。
    対してヒーロー役もサッパリとしていて見ていて気持ちが良いです。
    また、この漫画は脇キャラの色も濃く、どのキャラも味わいがあり、そこも読みどころ。
    ストーリーは続き物です。1話完結型ではないので1巻からコツコツ読み進める必要があります。(スピード感に欠けるので、一気に何冊かたまってから読む方が楽しめるかもしれません。)
    物語は主人公やヒーロー役の背景に関わることだけでなく、周囲で起こる事件の謎解きまで多岐に渡ります。それらを通じて登場人物たちは少しずつ成長し、人間関係も変わってゆきます。そういった変化の描写も読みどころです。
    恋愛要素もありますが、少なめだと思います。先述した物語性から、恋愛よりも信頼関係に重きを置くストーリーだと私は感じます。
    ちなみに、初めは絵柄(特に目の描き方)が受け付けない気がして、読み嫌いしていました。しかし、読み始めてみると『あれっ?むしろ好きな絵柄だ』と。どのコマも安心して読める安定画力です。もし私みたいに絵柄で読み嫌いしている方がいたら、そんな方にこそ一度手にとってみていただきたく。

  • 一番好きな少女漫画。

  • ファンタジーはそんなに読んでこなかったけど、借りて読んだら速攻ハマって購入決意しました。笑
    白雪とゼンがかっこいいし可愛いしでときめく!二人やミツヒデ、木々さん、オビたちの信頼関係も素敵だなー。あと本当に絵が綺麗で引き込まれます!

  • かわいい。王道少女マンガ。きゅんきゅんします。

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

ツイートする