赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.11
  • (343)
  • (230)
  • (215)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 2139
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女漫画-2。やおい
    うーん、確かにこんな新人はいない。何だこの新人なのに枯れた感じは。地味という言葉でも言い表せようか。画面の書き込み具合といい絵の丁寧さといい、実直な漫画への姿勢に好感は持っているんだけど、何分見せ場に魅せられない。起・承・結!…え、転は? そんな一人芝居。
    読ませる「間」と間抜けな「間」、余白には色々あるけれど、この作家のはどうも「間抜けな間」に思えてしまうのも敗因。全体が暈けていて、結局のところ読みたいという気持ちに繋がらない。もっと人物の特徴を際立たせる、言葉を鋭いものにする、表情感情の起伏をはっきり見せる、話の流れを劇的につくる―…そこまで派手さを求めてはいないし、地味な作品でも良作はあるけれど。何処かしら明確な輪郭を持たせて欲しい。「悪くはないけど…」で終わってしまう残念な作品。まぁ合わないって事か。


    以下蛇足:しかし「こんな新人、いない!!」に始まる煽りは本当…。ちょっと書いておこう。メモメモ。
    「デビュー以来、やさしく叙情的な作劇、あたたかく柔らかなタッチの画風、心の奥深くに飛び込んでくる台詞センスで巷間の話題に上ったあきづき空太がついにコミックスデビュー!今あなたは少女漫画の最先端を目撃する…!!」
    …駄目だ笑う。ライターだか編集だか解らんが、これは流石に大仰に過ぎる。最先端というよりも、ある種懐古的だし。叙情って言葉を使うには空気が薄いし。雰囲気というより、空気が。過剰なくらいにコピーつけるのも考えものだ。

  • 珍しい赤い髪を理由に、タンバルン国王子ラジに気に入られ妾になれと言われた白雪。王子の手を逃れるため白雪は国を出て、ゼンという一人の少年に出会う。しかし隣国までも王子の手は迫り、白雪は…ゼンは…!?

    舞台はどこかの王国クラリネス。白雪とゼンの出会いとその後の物語です。
    絵とか服とか舞台とかもちろん登場人物たちも!私好み過ぎるマンガです。大好きですv
    白雪の芯の強さに憧れます。私もあれぐらい強くなりたい。
    でもその強さには無茶も含まれてて、そういう部分が最近ほどけてる白雪が可愛くて仕方ないv←
    よく泣くようになったよね。幸せになってほしいなぁ
    大好きなマンガなので、全力でオススメします!
    いいお話です!強さと優しさをもらえます。この人たちみたいに生きてみたいって思います。

  • 白泉お得意の雰囲気ファンタジー乙って感じで敬遠してたけど
    ありがちな、ファンタジー設定だけが突っ走ってる中身がない話じゃなくて
    世界観とか構成とか色々調べたんだろうなぁって感じに中身が詰まっててすごくいいファンタジー

    絵も丁寧で背景の書き込みもしっかりしてあって、かといってごちゃごちゃしてない、本当にジブリでそのまま映像化できそうなくらいのレベル
    恋愛関係はやや物足りない程度にさらっとしていてるが、それでいて要点はしっかり押さえてある
    初コミックらしいけど、優秀な作家さんだなーと思った

  • なんとも…!設定がツボです。そして衣装もツボ!黎明のアルカナと設定が結構カプりますがこちらはこちらでいい味を出していると思います。ゼンと白雪の関係がとっても良いです!お互いを信頼していつつも謙虚なあの2人がたまらなく愛おしいと思います。そしてゼンのプロポーズ…!たまらないです! ちょっぴりオビの行動などが気になります…。

  • 表紙惚れ。

    ヒロインがたくましすぎていみがわからないwwww
    上からものを言う人間が多い…わずらわしいなみたい台詞が素敵。
    初回にしてベタ惚れ。
    ゼン、すまないな、私のほうが先に惚れていたんだ!(爆)

    いい少女漫画です。
    絵が可愛い。私はオビラブ!
    久々に萌える漫画引き当てましたwww
    何回読み返したって満足な時間でしかない。

  • 【あらすじ】
    生まれつき赤い林檎の様な美しい髪の白雪。その珍しい髪色を悪名高いラジ王子に気に入られ困った白雪は国を出ることに――!! 隣国の森で出会い力を貸してくれた少年・ゼンとは一体…!? サマーラブ読切「八月の四季彩」も収録。

    【感想】

  • 好きで好きで仕方ない。

    わたしの好む、花とゆめコミックスっぽさとLaLaっぽさのあるファンタジーの気配がして何気なく読み始めたけど大当たり。
    既刊全巻読み終わって、これは手元に置きたいと思い即座に全巻買いに行きました。

    初期はまあ普通のかわいらしいラブストーリーって感じなんだけど、中盤に主人公が城で働き出すあたりからラブストーリーのゆるっとした面よりも色々起こる事件を解決するストーリーが増えてきてぐっと面白くなる。
    事件などのストーリー中心のところにラブが入るからより面白い。

    キャラクターたちが大体みんなかっこよくて気持ちいい性格のキャラたちなので、みんなを好きになる。

    とりあえず読んでみて欲しいマンガです。

  • 赤髪を理由に自国のタンバルンの王子に愛妾にされそうになり逃げ出した先で出会った、隣国の第2王子ゼンと白雪。
    王道といえば王道だけれど、主人公の白雪は悲嘆に暮れずに逞しく行動していくし、ゼンも王子だけれど変に偉ぶってなくけれど完璧でもなく、登場人物たちがしっかり生きている。
    世界感や小物、服装なども作者のオリジナルで現実に戻されることなく読める良作。

    ゴリッゴリの思惑入り乱れる濃厚なファンタジーを読みたい方には向かないですが。

  • つよい
    意思のある女の子は見てて楽しい
    腹もたつこともあるだろうけど
    それを受け入れられる懐の人間になりたいーとハルカの立場を想像して思う

  • もう、アニメでゼンが格好良すぎで、二人のニヤニヤも好きで読みたくてね。
    読んでてもニヤニヤ、キャー!

全183件中 1 - 10件を表示

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

1-B01FIXTM1Qの詳細を見る コミック 1-B01FIXTM1Q あきづき空太

あきづき空太の作品

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする