ルードヴィッヒ革命 第4巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.59
  • (39)
  • (39)
  • (112)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :482
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全4巻読了。
    ルードヴィッヒ王子のお母様最強・・・!
    まさかドロテアが命と引き換えにルードヴィッヒ王子を守るとは思わなかった。
    幻想曲シリーズも読むのが楽しみ。

  • グリムの残酷童話をモチーフにした、ドSの王子様の花嫁探し物語。

    毎回、原作の童話のアレンジと、本編との絡ませ方が上手いなあと思っています。
    1巻発売時にはただの連作だったのに(続刊の予定がなかったから、巻数表示すらなかった……)、それを長編化し、1巻で登場したエピソードを(やや強引ではあるが)最終巻の伏線として用いる手腕は見事。

    ただ若干『伯爵カインシリーズ』とのデジャヴ感が否めないが……。

    産休のため一旦完結させたが、機会があれば続けたいと筆者は言っているので、続刊に期待したい。

  • 出産にはいるので、とりあえず終わりの巻、らしい。
    童話+V系の時代考証無視の楽しい少女マンガだわ。お母さん、出てきちゃって解決するのはビミョーだが、ルーイの母って感じで、まいいか。

  • 全4卷。
    以前看過中文翻譯版。由貴香織里的作品不是所有的我都能接受,尤其早期的不少東西(一味并過分追求濃重暗?的耽美風格,內容則有嚴重缺陷)不甚看得下去。
    雖然直到現在她的基本方向也沒變,以中世紀歐洲宮廷,Gothic,禁斷和懸疑的耽美畫風為主,但這部作品是她所有漫畫中我最喜歡的,因為很中意裏面比較輕快的風格和說到底本質都很可愛的人物。
    這作品是以有名的格林童話等來做題材,但是賦予了全新的詮釋。
    唯一對我來說比較苦手的就是以外國為舞臺的漫畫里出現的人物名字――全是看著就頭暈的片假名。
    發現最近喜歡的人物大多是M,這部作品里最喜歡的男性人物是王子貼身侍從的ヴィルヘルム,最喜歡的女性人物是原型為仙蒂瑞拉的Ash。還有追隨王子的巨乳M魔女……反正一個比一個M……


  • 全4巻。
    白雪姫がいいね。
    ドロテア。

  • 穿った童話の見方が素敵。

  • 由貴さんの漫画のなかで一番好き。

    王子かっこよすぎるから!!

  • 読み切りシリーズだった1巻が秀逸。
    連載になってからはちょっとグダグダ。

  • 一応最終巻。お母様がかっこよかった。
    もしかしたらまだまだ続くかもしれない。

  • あの方の登場は「後付け」感がアリアリなのですが、面白かったからよし。
    童話の残酷さが前面に押し出されているこのシリーズですが、コメディ色が強いので救われました。
    一旦完結のようですが、また彼らに会えたらいいなぁ。

全23件中 1 - 10件を表示

ルードヴィッヒ革命 第4巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

由貴香織里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする