夏目友人帳 第6巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.11
  • (395)
  • (225)
  • (282)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 3034
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184492

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『第二十話・タカシの友人』
    20ページ目の鉈(?)を引きずった妖が、
    住宅街を歩いているシーンは、
    稚拙な絵ではあるが、何かぞっとしたのは、
    過去の子ども時代に想像した恐怖が、
    引き起こされたからかもしれない。

    『読切・まなびやの隅』
    実例を身近に知っていることもあるが、
    『商品に手をつけるのはご法度』が、
    この世界の掟。
    ちょっと素直には読めなかったのは、
    同じ側に立つ人間として読んでしまったからかも。

    ※ 緑川ゆき(みどりかわ ゆき)
    1976年5月23日生まれ。熊本県出身・在住。ふたご座、B型。
    ペンネームの「緑川」は地元熊本の川の名前からとったもので、
    命名者は作者の姉。
    1998年、「珈琲ひらり」にてデビュー。。
    代表作に「あかく咲く声」「緋色の椅子」「夏目友人帳」など。
    現在はLaLaDXおよびLaLaにて、あやかし契約奇談「夏目友人帳」
    を大好評連載中、2007年には自身初のドラマCD化を果たした。
    同作は2008年にテレビ東京系列にてテレビアニメ化。
    2009年1月からは「続 夏目友人帳」として、第二期も放送された。
    2007年より、ララ誌上の漫画賞であるLMGの審査員も勤めている。

    ※ 夏目友人帳
    http://www.hakusensha.co.jp/natsume/
    ※ 夏目友人帳(アニメ公式HP)
    http://www.natsume-anime.jp/

    ○ 須藤家娘所蔵

  • 第20話 カイ
    第21話
    第22話 
    特別編5 子狐
    特別編6

  • 夏目友人帳 6 (花とゆめCOMICS)

  • コミック

  • -

  • 併載作も妖怪ものかと思いきや、違った話でした。

  • あまずっば!

  • 座敷わらしのようなカイのエピソードで3話分。やっぱり少し長いほうが読み応えあり。カイのキャラでもっと読みたい。

    読切の短編「まなびやの隅」は女子高生が先生を好きになる話。思い通りにならない話でもあるけど、こっちの方が現実的なような気がする。

  •  「タカシの友人」編が秀逸。
     境界線にいる者はいずれ下さなければならない決断がある。それは境界の両側にいるものが対立するときだ。そして、そんな場合、境界線にいる者は傍観者ではいられなくなる。
     本巻は、徐々にあらわになるかような対立構図が描かれる。守るべき小さい妖でありながら、友人に牙をむく。境界線に生きる者の宿痾ともいうべき構図がそれである。もちろん貴志の性格設定からすれば、簡単に二者択一とはならないだろうが…。
     本巻ではこの葛藤が上手く表現されていて印象深い結末だが、この決着の付け方は、次は使えないだろう。ここをどう描くか、著者の感性に期待したい。

  • ジワジワと名取氏が夏目を誑し込み始めてるな…(笑)ところで内容と関係ないが、巻末の次巻予告で的場氏が最近話題の映画のタイトル言っちゃってるな。

全122件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 第6巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

夏目友人帳 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする