パタリロ! 90 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.33
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184607

作品紹介・あらすじ

パタリロが宮殿を迷路に改造!? 困ったタマネギはマザーコンピューターの知恵を借りるが、それが重大な事態を招き…!? 「迷路の中のMC(マザーコンピューター)」前後編のほか、「縁切魔」「シャケ缶パーティ」など、爆笑の12編を収録! 2013年5月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本当に時々だけれど、パタリロが本気の善人のときがあるから、やっぱり憎めないと思う。
     小さいおじさんの話が前編のみ収録されてて、続きがめっちゃ気になる巻。

  • 継続は力!
    何はともあれ自分のような、ぐうたら読者にも読ませてくれる力はあります。

    ただ今更になって気づいたのかと言われるかもですがこの90巻、
    妙に絵が荒れているようなのが気になった。

  • だいぶ手抜きだよね、絵。初期の頃にくらべると背景等々、二分の一くらいじゃにゃいか。バンコランが出てにゃいので薔薇がにゃいし。90巻だもんにゃあ。

  • 気づけばパタリロも90巻。コンスタントに出てくるこの律儀さを例の先生にも見習ってほしい、とか思ったりして。何度発売を延期すれば発行されるんでしょうねガラスの人は。
    それはともかく、安定のパタリロ世界ですが、ラストに出てくる彼、なんだか太りましたか?それともギャグ仕様なのかな?

  • 遂に90巻!
    ドタバタぶりは相変わらず。

    そして巻ラスには久しぶりのあの人が!
    ペン入れを娘さんに手伝ってもらったという、あの人です。

    でも久しぶりすぎて、なんか違和感を覚えてしまった…。

  • 気づけば90巻。
    しかも今回は久々に次巻に続きます。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

漫画家。1973 年『デラックスマーガレット』(集英社)でデビュー。1978 年「ラシャーヌ!」を複数の漫画雑誌(白泉社)に不定期連載開始。デビュー以来、オカルト・ホラーやミステリー調のシリアス路線が作風の主体であったが、同作からギャグ路線に変更。同年「パタリロ!」を『花とゆめ』(白泉社)で連載開始。アニメ化されヒット作となる。近年は復刻出版された『翔んで埼玉』(宝島社)や、「マンダム」「パタリロ!」第1話ほか珠玉の作品ばかりを集めたベスト作品集『う?ん、マンダム。』(PHP 研究所)などが好評を得ている。

魔夜峰央の作品

ツイートする