空色海岸 第5巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.70
  • (14)
  • (15)
  • (30)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :211
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184911

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『紅茶王子』の作者・山田南平のコミック。


    “クラフトショー向けの作品を制作中、天人から姉・洋子の事故について聞かされた朝。一方、天人は今まで支えてくれた朝への思いを募らせる。ショーは大成功をおさめ、作品が注目を集める中、朝はある決意を!?運命のビーチサイドLOVEストーリー、第5巻登場。”―裏表紙より。


    今回は、ビーチ・コーミングが題材のお話です。
    海なし県で育ったワタシには、ビーチ・コーミング(浜拾い)って縁がないけど…。

    『紅茶王子』もそうだったけど、作者本人の趣味も兼ねてる題材だから、読んでて楽しい。ビーチ・コーミングにとっても興味がわきました。

    高校生に戻りたくなるような、まさに青春、ラブストーリーですね。
    主人公が紅茶王子のときとキャラがかぶるのと、キャラクター達の性格が、最初と最後でだいぶ変わってる気がするんだけど…この作者の絵柄が好きなので、まあよしとしましょう。

    キャラクターそれぞれの恋愛が急展開。これこそ青春ラブストーリーですねぇ。

  • ビーチコーミングで知り合った一人の女の子と兄弟の物語。
    全6巻。

    紅茶王子以降多少くどくなった絵とか、
    ビーチコーミングとかいうマニアックな題材で
    手控えていたのですが、読み始めて
    中盤以降じわじわ引き込まれる。

    完成度の高い作品。
    今まで見たことの無い、大人っぽいラブストーリー。
    (高校生とは思えないほど、みんながみんな言動が大人なところには、
    正直違和感すら感じたほど。。。)
    身近な人の死というかなり重たいテーマを扱いながらも、
    どうやってそれを乗り越えていくかってことに重点が
    置き続け、そこから逃げなかった分だけ評価高い。

    兄弟があの事件に苦しんだ分だけ、最終巻で昇華される感じが、
    たまらず気持ちよかった。
    ラブシーンも我慢していた甲斐があったと思えるほど、らぶい。
    私はこういう漫画はとても大好きだ。

全4件中 1 - 4件を表示

空色海岸 第5巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

山田南平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする