神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
3.88
  • (139)
  • (158)
  • (159)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 1485
レビュー : 117
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185062

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵がとてもきれいで、話もリズミカルで勢いがあるのだけど、なぜか続きが気にならなかった…ヒロインの気持ちがすでに相手に傾いているからだろうか。
    もう少し、カオスなところ、分かりにくいところがあったらよかったのかも。きれいにまとまりすぎているような気がする。個人的には。

  • アニメがおもしろかったので、レンタルにて15巻まで。
    その後、16と17を購入。今後、少しずつ集めていきたい。

    トモエとクラマが可愛い。
    ななみとトモエは付き合っていないのだけれど、巻を重ねるごとに距離が近づいていて(心だけでなく、密着具合という意味でも)ニヤニヤしてしまう。
    トモエが自分の感情に気づいてからはキュンキュン具合が半端ない!

    マンガにしかないオマケもちゃんとあって楽しめているのだが・・・やはりあのアニメはおもしろかったと再認識。
    アレンジの仕方がすごく良いと思う。また見たいなぁ。

  • 結構有名な作品だし、聖地巡礼なだも行われているらしいが、もう少し複雑な感情をキャラに持たせてほしいと感じた
    設定が結構粗めかなーという感じもする
    神使というものは何ができて何ができないのか、土地神という存在は何のために必要で何が出来るのか
    現人神なのに弱すぎないか
    いろいろ疑問があって背景が見えにくい
    ただ、まだちょっとしか読んでいないので、もしかしたらこの後設定が出てくるのかもしれない

  • コミック

  • 無料アプリ。名作だとか神作だとかのレビューがすごく多いので読んでみた。絵や設定だけなら自ら読んでみようと思う事はないだろう漫画。でも読んでみたらなかなか面白かった。巴衛いい。1.2巻を読んだだけではわからないらしいので続きを読んでみる。

  • 主人公の前向きさが大好き!!

  • 高校生の奈々生は、バクチ好きの父のせいで貧乏生活を送っていた。
    そんなある日、父が夜逃げをし、残された奈々生は家を追い出され、行くあてもなく困っていたら、助けたミカゲに私の家に行きなさいと言われる。
    そして行った先は山の上の神社で、奈々生が新たな土地神として迎えられる。
    使いのトモエと反発しあいながら、神になるために奮闘する物語。

    イマドキ少女マンガで、普通に面白い。

  • 電子無料。こんな話だったんですね~。想像以上に面白かった。妖怪たちが良い子で可愛い。

  •  花とゆめらしい感じ。
     恋愛要素が薄めなのも良い。
     皇女様可愛い。

  • 漫画はほんとに好きなものしかここに登録しないようにしてるからおのずと評価高いやつばっかになる…
    最近知ったのですごく短期間で読んでしまったことになるのですが、胸きゅんもあり、笑えるところもあり、感動できるとこもあり、とても面白い漫画でした。何度も読み返すとおもう( *´︶`*)

  • 面白いというコメントがよく見かけるので読んでみるとすっかりハマってしまった…。どの作品もそうだけれど、初回から随分絵柄が変わったなぁと。正直1巻のこの絵柄だと、自ら手を取ることはなかった。それでもストーリーに引き込まれて次を…次…で読んじゃう。
    翻訳版で読んだので原文(日本語)が気になって一気に23巻まで大人買い。また1巻からじっくり読んでいくよ♪
    最初の巴衛、物凄く女の子っぽい笑。奈々生も髪が短かったんだね。やっぱり漫画は原文が最高だわ。飯の種にならなかったけれど、日本語を勉強して良かったとこういう時だけ強く思うw

  • 貸本、1~23巻 

  • アニメから原作へ。面白い、よくあるハーレム系少女マンガかと思ったけどそうでもない。トーンや効果の使い方とか勉強になる。
    ~11巻読了

  • 【レンタル】花ゆめコミックつまみ食いレンタル。気になってた作品。可愛く楽しい話だった。巴衛くんが好きそう。

  • 19巻まで一気読み。明るいラブコメ調。
    恋愛要素と不思議要素のバランスが良くて楽しい。

  • おもしろい!
    主人公 奈々生 はまだまだ人間の世界に未練があるみたいだけど、少しずつ神様に近づいていく矛盾がこれからのストーリーを楽しみにさせてくれてると思う。
    巴衛のキャラと設定も好き♥
    これからが本当に楽しみになる漫画。

  • アニメが面白かったので手にしました。
    今考えると絵が独特で手にしない絵柄だなぁとは思ったのですが、続きが気になってたりします。

  • 楽しめました♪自分の読んできた本を振り返ってみると、こういうファンタジーが、結構あるな、と思います。

  • アニメイト分のしおりが可愛い。一巻は(桃園)奈々生ちゃん。
    アニメにはまり購入、ストーリーは変わってないものの、巴衛と奈々生の会話が、コミックの方が多かったり、巴衛の過去への伏線が、一話から夢ってかたちででていたり、アニメはコンパクトに、コミックは、細かい描写を、楽しめてよいです。
    来年からアニメ二期がはじまるので、早く追いつきたいです。

  • 巴衛萌え……

    また置いて行かれるのではないかとよぎってしまうとこに萌えた。しかしミカゲはなんで社を離れたんだろう

  • 神様としての成長物語になっていくのかな。
    面白かったです!

  • 読みやすい作品。
    最後まで飽きずに読むことが出来た。
    何故かフルーツバスケットを思い出した。

  • 巴衛のもののけを惨殺や皇女のパンツには、引きました。三森すずこさんの声のためか、アニメとは雰囲気が違いました。アニメの方が万人受けでした。

  • まっすぐな奈々生とツンデレな巴衛との関係が面白い。
    初期に比べてドンドン絵が洗練されてきて
    ますます巴衛が艶やかに色っぽくなっているのがイイ。

  • アニメがおもしろかったので。

  • 1~16巻まで読了。

    ギャンブル好きの父親が蒸発し、借金のカタに家も取り上げられた主人公が、
    奇縁によって土地神の家(廃神社)を譲られ、土地神としての生活を始める。

    不幸な生い立ちにも係わらず主人公がやたらと前向きで、土地神の仕事というよりも恋愛や人外な者たちとの交流が中心。

  • ギャンブル好きの父が逃亡、さらに家が差し押さえられてしまった女子高生の桃園奈々生。公園で助けた男から廃神社を譲られたことでホームレスを免れたものの、男の変わりに土地神の仕事をすることに――。人外と女子高生のラブコメです。同著者の単行本『星になった日』を最近読みました、なので「巴衛」という名前が再び登場して大変驚きましたf^_^;女子高生が神様の代わりをするという設定は、田中メカさんの『セーラー服にお願い!』を思い出しました。

  • 父の失踪で行き場を失った女子高生が、ひょんなことで土地神に、しかも神使はイケメンで……。

    設定、キャラクターが魅力的。
    巴衛にかしづかれ、他のイケメンキャラにも好かれるという、身悶えするシチュエーションで、女子のハートを鷲づかみ。

    心理描写がもう少し描きこまれていれば(わりと理由なく急展開、巴衛の本心が見えないというより設定が揺らいでいるように思えてしまう)、とは感じるけれども、楽しめる作品。

  • ギャンブル好きな父親が逃げて一人になってしまった主人公と、土地神様に置いていかれた妖狐のお話?主人公の奈々生がすごく不憫なのにポジティブ(・∀・)

  • アニメから漫画へ逆走。

全117件中 1 - 30件を表示

神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

1-B07W5L3NPCの詳細を見る Kindle版 1-B07W5L3NPC 鈴木ジュリエッタ

鈴木ジュリエッタの作品

神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする