俺様ティーチャー 6 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.19
  • (94)
  • (60)
  • (45)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 857
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 29話では変態なのか忍者なのか判断に迷う由井忍が風紀部に加入。
    部活動というシステムである以上こういった思い切ったスパイ戦略は当然のように取れるのか。だとしても大胆不敵な作戦である

    前々から感じていた緑ヶ丘学園に対する違和感が明確にされたような巻だった。
    備品室が幾つもあるなんて描写が出ても、いつもの調子でギャグ描写なんだろうと思っていたら割と普通に伏線だったようで。
    校長室が元備品室というのはかなり違和感のある事実。これがラストに鷹臣が明かした野望に関わってくるのだろうか?
    どちらにせよその違和感を探るきっかけがスパイである由井によって為されるというのはちょっと笑える展開。回り回って生徒会に不利な情報が出てくるような気がするんだけどなぁ(笑)

    学園の過去、そして鷹臣の思惑を探るために鷹臣を詰問したら絶縁宣言された真冬。これまでも鷹臣の横暴な振る舞いは目立っていたけど、今回彼がやったことは更に自分勝手なもの
    そこからの展開は学園の隠された真実に踏み込む前段階として真冬が自身を見つめ直す展開だったね。これまでは無理やりだとか、その場の流れで風紀部で活動していくことになったけど、それを改めて考え直す機会へ

    鷹臣の前で咄嗟に明かした真冬が本来持っていた望みは確かに、この学園に来た時に抱いていたものであって嘘ではない。けれど普通の関係と早川達と築いた関係を選択肢として面前に示された時、後者が勝ってしまったわけか。何とも真冬らしい選択

    次巻でどのような真実が明かされるのか楽しみ

  • 由井くんいい子…!!

  • 第29〜34話収録。
    再読。28話で登場した忍者(笑)が由井忍と判明。この漫画の主要キャラは残念な人多すぎるよ!w黙ってれば、そこそこイケメンやのに。そして、鷹臣が何故理事長と賭けをする理由も判明。てか賭けのことを忘れてたわ。本当の理由を隠そうと、無理矢理真冬たちを捨てようとする鷹臣。基本的にギャグ漫画のシリアスな話は嫌いなので、元のコメディに早く戻って欲しい。ただ、真冬と早坂くんの友情復活は微笑ましくて良かった。本編と関係ないけれど、番長の文通話が面白かった!流石に「ふれで」だけでは伝わらんで(^_^;)

  • 新キャラ忍者。生徒会よりスパイとして風紀部に入部することになりました。この子もまた、かなりのアホです(笑)
    そしてこの忍者と一緒に行動して真冬はようやく鷹臣くんの行動を疑問に思います。しかし、そのことで問い詰めたら鷹臣くんには『もういらない』と言われ……。

    鷹臣くんと離れ、そして真冬のある一言を聞いていた早坂からも距離をおかれ、当初の願い通り『普通の女の子』としての生活を送ることになった真冬。しかし、やっぱり早坂と一緒の方が良い、と気づく。
    早坂と真冬が互いにどれだけ大切に思いあってるか再確認できる巻でした。

  • 由井くん面白い。
    というか面白いキャラしかいないなこの漫画は!
    鷹臣くんと早坂君に冷たくされた真冬が切なくてたまらなかったけど、なんとかなってよかった!
    女の子モード真冬もイイ!

  • 【本日の由良忍】
     「そもそも、佐伯鷹臣とは何者なんだ?」

  • 忍くんが面白い
    あとストーリーも核心?に触れてきたのでよい感じです!
    巻末に、ラブもあるみたいなことかいてあったので、まさか真冬と誰かですか。個人的には楽しみでありおいおいでもあります笑

  • 由井忍が風紀部に入部。忍者なのに熱い。忍者らしくない。ウサちゃんマンと再び会うことができて喜ぶ早坂君の笑顔が素晴らしかった。『私が欲しいのは百人の友達よりも君一人の友情だ』という真冬の早坂くんへの友情に心が温まった。

  • さみしい由井くん/真冬のキラキラ女子高生デビュー/明らかになる鷹臣くんの真意
    相変わらず4コマがおもしろいです。

  • 巻物と共に現れた生徒会からの刺客、由井忍。
    彼の登場によって風紀部に危機が迫る!?

    忍者のおかげで鷹臣くんの地雷を踏んでエライことに!
    やっと前巻で張られた伏線に迫る展開来ましたね! でも肝心のその内容は次巻に持ち越しだったけど!!(笑)
    それにしても忍者、風紀部に入れて大丈夫なんでしょうか…。
    思いっきりスパイする気満々ですけど!?
    そして彼の何気ない活躍(?)により、緑が丘高校の謎が明らかになり、そこから鷹臣くんの抱えているものに迫ることになるとは!

    やっぱり真冬は普通の女子高生やってるよりも、早坂くんと一緒に風紀部やってる方が似合ってるなぁと思いました!
    ってか今回はさり気なく早坂くんとの友情を見直す巻でもありましたね!
    もうYOUたち恋しちゃえよ!ってくらい想い合ってて、ごちそうさまでした(笑)
    そしてオマケの4コマで密かに二人を待ち続けていたことが判明した忍者…かわいそ、じゃない実はいい奴だな!(笑)
    もう本気で風紀部の一員なっちゃえばいいのにーと思ったり。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

椿 いづみ(つばき いづみ)
埼玉県出身の漫画家。双子の妹として、漫画家の古賀よしきがいる。2002年、『花とゆめ』17号掲載の「縮めてディスタンス」でデビュー。代表作に、『親指からロマンス』、『俺様ティーチャー』、テレビアニメ化された『月刊少女野崎くん』。

俺様ティーチャー 6 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

椿いづみの作品

俺様ティーチャー 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする