幸福喫茶3丁目 第14巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.91
  • (19)
  • (15)
  • (18)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 238
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 購入済み

  • 終わったと聞いて古本屋で購入。
    14,15一気。

  • 一郎・安倍川父と一緒に、進藤さんのお母さん(千年)を探すうる。
    やっと見つけた彼女は、「捨てたのは自分だから、咲月とは関わりたくない」とキッパリ。
    うるは自分の素直な気持ちや進藤さんのことを話し、郵便受けに店の住所を入れて町に戻る。
    そして何日か後、なんと店に現れた!
    帽子を深くかぶり、息子の淹れたコーヒーを飲む千年。
    うるが用意した鏡でカウンター越しに咲月の姿を見るが、帰り際、もう二度と来ないと断言。
    「息子をよろしく頼みます。」
    咲月を捨てた自分には会う資格なんてない。
    これが、千年の精一杯の愛だったってことです。うぅ・・・

    そして、光志の17回目の命日が近づいてくる。
    時おなじくして、うる のアパートに引っ越してきた男・萩原。
    父の知り合いだと名乗る彼に、違和感を覚える うる。
    「俺が、潤ちゃんの大切な人に、立候補してもいい?」
    ……更に混乱させる萩原。おい。

    なんか、ドタバタした印象~~

  • 12巻から3冊分購入して読了。
    11巻までは妹に借りて読んでた。

    ふと思い立って購入。
    シンプルな絵だけど、癒される作品。
    次巻完結のようですが・・・、
    主人公たちの恋愛模様よりも、親子の絆に期待!

  • 09.8.19

全8件中 1 - 8件を表示

幸福喫茶3丁目 第14巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

松月滉の作品

ツイートする