星は歌う 第8巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.16
  • (40)
  • (46)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 491
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お守り役の沙己の存在を意識しはじめた聖。何度好きだと言われても素直になれなかった理由とは……? そして季節は秋に☆ 文化祭を前に盛り上がる校内で、サクヤとユーリの親密な姿を目にした千広はある想いを自覚する!!

  • 今回は聖とサキさんもいい感じだったし、千広のココロもやっと動きだした感じで、ぐふふ。
    ヤキモチとかもう、いいわね!

  • 感想は最終巻に。

  • 大筋の内容はダークなので、全巻出揃ったらまとめて読もうと思った。
    徐々に皆幸せになってって、最後はHAPPYENDになるよね?なるよね?

  • 8巻まで一気読みしたのですけど、最初状況がよくわかんなかったんだけど、だんだん読み進めてるうちにあれは?あれは?と色々続きが気になって一気に読んじゃいました。でも、聖ちゃんと先生の関係って、、、結局なんだったんだろう?ヤキモチ焼かせたかっただけ?

  • 今回の主役はサクの親友、聖。意地っ張りなお嬢様とそのお守り役の沙己の関係がようやくクローズアップされて嬉しいかぎり。
    しかしそうなると、聖の先生へのアレはなんだったんだろう?当て付け?
    あとはサクと千広君の仲も微妙に進展、かな?

  • 前巻に引き続き聖お嬢様の話。なんとなく展開早い感じがします。

  • 沙己に持っていかれた、8巻。

    せーちゃん、沙己のこと大事にしなさいって思う。

    しかし、この巻読んで沙己に惚れない女子なんているのでしょーかww

    まぁ、足チューはやだけど…

  • せーちゃん編。
    さきが健気だなぁと。
    二人の出会いも入ってて面白かった。

  • 沙己さん!!
    すきだわ~。サクヤと千広もいい感じになってきたな

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高屋奈月(たかや なつき)
1973年、東京都出身の漫画家。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)「Born Free」でデビュー。2001年「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞、同年テレビアニメ化され、これが代表作となる。2015年9月「フルーツバスケット another」を連載開始。
2019年、新キャストで「フルーツバスケット」がアニメ化されることが決定。

高屋奈月の作品

星は歌う 第8巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする