花よりも花の如く 第7巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.02
  • (50)
  • (64)
  • (45)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 477
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186540

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • B4

  • この著者によくあるパターンだけれど、作品中に出てきた映画やドラマなど、通常なら一部のシーンを紹介するにとどまるようなものを、丸ごと最初から最後まで1本の話として描いてしまっている。

    この話だけでも、1冊の本になりそうなところ。。。

  • あなたはもっと話すべきだ!なぜもっと自分の考えを話さないんですか!

  • 「石に願いを」TVドラマ編でほぼ一巻おわってる。

  • TVドラマ編~ということで、最初の一本以外は憲人くんではなく、藤哉さんという、ドラマの中の役の人で進む話です。
    「ああ、2時間ドラマー」という感じの話ですが、もう役者さんたちが全員役柄の人で「すごいなぁ」と思いました。
    あと、前巻の内容と合わせて、テレビドラマの現場を、とても面白く拝見しました!
    この経験が憲人くんにどう影響してくるのか、これからが楽しみです。
    出るのを知らなくて見た人とかビックリしただろうし、このドラマで能に興味を持った人とかもいるかなー。
    のび太じゃない憲人君をみんながどう見たのかな。

  • 気になってたドラマ「石に願いを」が収録されています♪

  • 人生をかけて打ち込む能マンガ7冊目

    劇中劇でこんなに長いのは初めてだな。
    これまでの流れと全く違うことをやっているだけに、多分評価は分かれるところ。
    だけど、実際はこれをやって憲人がどう変わっていくかが、これからの見せ所になるとは思う。

    「石に願いを」は、劇中劇でなく単体で見ると、かなり難しい作品。
    成田さんのお話はだいたい、過去や辛いことを乗り越えて幸せになろう、というような感じで、それをここでもやっているようなものだのだけれど、ミステリ部分であれだと、人死にまで出してそれで良いのかとは思ってしまう。
    書生とお嬢さんの一家の転換点となる事件を起こしてみた、というレベルで、非常によい人である死者がちょっと不憫。

  • 今回はドラマ「石に願いを」がメインだったので
    いつもとは違う雰囲気でしたが、面白かったです。

  • 石に願いを 劇中劇 憲人が別人、美少年になっている。
    最後の理由が美名子さんらしいな・・・

  • やはりこの作家さんは、1エピソード1〜2冊位の長めのお話の方が盛り上がるなぁと思います。
    面白い。けれどもこれが最新刊なので、続きがしばらく読めないのが悲しい。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

成田 美名子(なりた みなこ、1960年3月5日 - )は、日本の漫画家。代表作は、『エイリアン通り(ストリート)』、『CIPHER(サイファ)』など。血液型はAB型。
青森県青森市出身。青森県立青森東高等学校出身。1977年、『花とゆめ』(白泉社)掲載の『一星(いっせい)へどうぞ』でデビュー。
登場人物の前向きな姿の描写へのこだわりで知られる。マンガ評論家ヤマダトモコは、成田作品の個性を「明るさへの意思」だと評した。

花よりも花の如く 第7巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

成田美名子の作品

ツイートする