花よりも花の如く 第10巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.19
  • (53)
  • (66)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 420
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186571

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうみたって葉月さんは脈アリアリアリアリアリーヴェデルチなかんじなのになぜ煮え切らない、なぜすかすんだ榊原憲人よ!!私がもし葉月さんの立場だったらもうわけわかんなくて悶え苦しむんだけど、一方でこまめにこちらの恋心をぐっとこさせるようなイベントを起こしてくるので、思い切るにも思い切れないかんじになるだろうなあああああ、きいいいっ!
    とか言いつつ、たぶんこれ憲人側からみても葉月さんそんなかんじか。ふたりとも年のわりに初々しい恋愛だなあー、でも恋ってそんなものかしら。

  • 能の世界をかいまみれる本

    憲ちゃんの少しずつ成長していく姿がいいな~
    憲ちゃんと葉月さんの関係も◎

    「好きだと逢いたくて努力するものなのに・・・逆に後ろに下がっていく」
    わかる&わかる~

    いつも前を見ていて、透明感のある目が好きです。

    次巻が待ち遠しいです。

  • わー、じれったい☆

    叶わなかったシヴァの、もう一つの人生のような感じがして
    このカップル、ぜひともうまくいく姿が見たい。

  • 2012-3-11

  • 能楽という古典芸能の世界と、ドラマ出演に戸惑いつつ、成長していく憲人。恋のゆくえも進行中。成田作品にしては、決定的な悲劇が待ってはいなくて、安心して読める。

  • B4

  • 「がんばっても何も変わらない。今よりいいこともなんて起こせないっていう気持ちにときどきなってしまう」憲人のこういうネガティブなところは、身近に感じるし、それでくさらないところが憲人のいいところ。だとも思う。「仏教ではなむしろしないといけないことと教えてるんだ」あれ。じっちゃん神主さんじゃないっけ。でも、こういう柔軟ところ。好きよ。

  • 葉月さんと再び。鹿島神宮と香取神宮。偶然見かけた花嫁。

  • ゆっくりな恋愛。成田 美名子らしいと思います。

    ケントの嫉妬は、けっこう怖いかも。普段、穏やかな人だけに。

  • なかなか進まない恋です。それでも一歩一歩成長し、それが能に出て来ていていいです。この恋がどうなろうときっと逞しくなると思う。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

成田 美名子(なりた みなこ、1960年3月5日 - )は、日本の漫画家。代表作は、『エイリアン通り(ストリート)』、『CIPHER(サイファ)』など。血液型はAB型。
青森県青森市出身。青森県立青森東高等学校出身。1977年、『花とゆめ』(白泉社)掲載の『一星(いっせい)へどうぞ』でデビュー。
登場人物の前向きな姿の描写へのこだわりで知られる。マンガ評論家ヤマダトモコは、成田作品の個性を「明るさへの意思」だと評した。

成田美名子の作品

花よりも花の如く 第10巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする