夏目友人帳 第7巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.13
  • (356)
  • (232)
  • (240)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 2953
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コロンとフォルムで抱っこされるニャンコ先生
    いつ見ても麗しゅう♡なのに口を開けば
    「中年からイカを取り上げる気か!?」って[笑]
    なんて愛しき中年[*´▽`*]♡

    そんな穏やかで愛らしい滑り出しとは一転、
    今回は恐ろしき祓い屋・的場一門。
    感情が凍りついたような冷淡な微笑が怖いッ。

    愉快で陽気な妖怪もいれば、悲しく苦しい
    怨念を背負った妖怪もいて、それは人間と
    なんら変わりなく切なくもどかしい。

    これからも夏目の優しさで1つでも多くの悲しみが
    ほどけていくのが見れるといいな。

  • 『第二十三・二十四・二十五・二十六話』
    的場登場である。
    少しずつ秘密がとかれていくが、
    なんか、やはり、気の強いおばさんは嫌いだー。笑

    『特別編7・夏目遊戯帳』
    作者が楽しんでキャラを遊ばせている話。

    ※ 緑川ゆき(みどりかわ ゆき)
    1976年5月23日生まれ。熊本県出身・在住。ふたご座、B型。
    ペンネームの「緑川」は地元熊本の川の名前からとったもので、
    命名者は作者の姉。
    1998年、「珈琲ひらり」にてデビュー。。
    代表作に「あかく咲く声」「緋色の椅子」「夏目友人帳」など。
    現在はLaLaDXおよびLaLaにて、あやかし契約奇談「夏目友人帳」
    を大好評連載中、2007年には自身初のドラマCD化を果たした。
    同作は2008年にテレビ東京系列にてテレビアニメ化。
    2009年1月からは「続 夏目友人帳」として、第二期も放送された。
    2007年より、ララ誌上の漫画賞であるLMGの審査員も勤めている。

    ※ 夏目友人帳
    http://www.hakusensha.co.jp/natsume/
    ※ 夏目友人帳(アニメ公式HP)
    http://www.natsume-anime.jp/

    ○ 須藤家娘所蔵

  • 第23話 羽の妖
    第24話 
    第25話
    第26話 
    特別編7 紅峰

  • 夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)

  • 新たな祓い師の登場で急転
    緊張感が増してきた。

  • コミック

  • -

  • 怖い人が出てきた

  • 的場登場。一話完結ではなくなってきた。
    やっぱり起こっていることがわかりにくい絵だ。
    番外編の影踏みの話の方がおもしろかった。

  • 「人ならぬもの」(的場編である)。人との間での対立構図が貴志と的場との間で生まれること、そして、その的場のキャスティング完了で、将来の物語の転機といえる巻ではなかろうか。境界線を危うく歩みつつ、その調和を模索する貴志の歩く道が茨だということは明らかだが、著者の画風では対立を徹底させるような辛辣なストーリーに持っていくことは難しかろう。かといって、的場が改心するような流れは陳腐すぎる。一つ上を行くストーリーを期待して待ちたい。

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 第7巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

夏目友人帳 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする