夏目友人帳 第9巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.34
  • (342)
  • (223)
  • (101)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 2807
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妖の中にも人間の中にも仲間が増えた夏目
    協力して大きな力を得ることができるか

  • 的場と夏目の対決は、逃げられないんだろうなあ。

  • 的場一門に友人帳の存在が?!
    ミスズとセンセイはどれぐらいの格なのだろうか( ・ω・)
    特別編の話はいいはなし

  • 祓い師、的場登場によりストーリーにスパイス。

  • 友人より借りて読破。

  • にゃんこ先生は陶器だそうで。
    手触りはつるつるなのかしらなどと妄想しております。

    さて、再び的場さん登場です。
    艶かしい和装という見目が美しいですね!
    敵役ですが。
    夏目の臆病さにつけこむような的場さんのセリフが響いたエピソードでした。
    まあなにより、にゃんこ先生かっこいいぞ!

  • いろんなジレンマを抱えながら夏目が考え始めている。
    的場と出会うことで、よくも悪くも夏目は強くなってるんだろうなあ。
    少しずつ前進しているんだろうけど、結末はどうなるのか気になる。

    いろいろと緊張する話が続いたけれど、最後の藤原夫妻の言葉に泣いた。
    ずっとたらい回しにされていて、一箇所に長くいなかった夏目にとって、来年という言葉はどう響いたんだろう。

  • 第32・33話『小さきもの』:ケサランパサラン型妖怪。小さな妖でも集まれば大妖にも負けない。ヒノエの「ひとりで抱え込んでたって、解決できないこともあるだろうしね」が頼ることも徐々に出来るようになってきた夏目には実感として感じられたでしょうね。
    第34・35・36話『東方の森』:的場家の別邸のある東方の森。ピンチの夏目を助けに三篠をはじめ妖たちが馳せ参じ・・・友人帳を使わなくても動いてくれる妖たち。それはもう友人。
    特別編9『夏目観察帳5』:藤原夫妻に引き取られる1年前のお話。同級生の女の子目線。

  • 2011/02/14:コミックレンタルにて読了。

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 第9巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

ツイートする