曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 白泉社
3.87
  • (232)
  • (276)
  • (259)
  • (34)
  • (2)
本棚登録 : 2389
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・マンガ (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の話がかわいすぎる

  • 一番良かったのは幼稚園の先生に張り合うお父さんが主役の「みんなきらきら」。
    娘のみかちゃんが可愛い。

    女の子の表情が魅力的な絵柄だけど、お話はあんまり好みじゃなかったかも。

  • 『同級生』でそのワールドに惚れこんだ中村明日美子の作品。
    こちらは、短編集ということもあり、もっとにぎやかで騒がしく、キラキラした話が掲載されています。

    第一話の、担任教師の結婚式を見守る男女学生の話は、キャラクター設定がしっかりしており、現実でもありえそうなストーリーに加えて、恋する者ならではのディテールへのマニアックな観察眼がそこここで発揮されていて、切なさにキュンキュンしました。

    ヴァンパイアの話が斬新でした。退治法などはベタですが、最後にどんでん返しがあります。
    献血センターにコネがあるなんて、現代の吸血鬼はちょっと小物になってしまったけれど、愛すべき平和なキャラ。
    もっとその後の展開も追いたかったです。

    どれも、長編にしても十分おもしろそうな短編ばかりでした。

  • ショウウインドゥ的な。
    女子高バレー部、眼鏡。

  • 私の中村明日美子さんデビュー本!
    キレイで華奢な美しい線に酔いしれながら、一つ一つの短編をさっぱりと読めました…!

  • 意外とノーマル。吸血鬼の話がすきだ。

  • 高校生っていいなって、羨ましいなって、懐かしいなって。

  • 少女漫画作品集。6作品が収録されてる。男女4人が繰り広げる恋愛スクランブルの表題作は特によかった。

  • この中の女の子同士の話が好きだ…
    ミスリード!

  • 初めて読んだ。中村明日美子作品。
    読み切り五作+α。昔のから、未発表から、いろいろ。
    女の子が、みんな可愛いな。
    タイトルになっている「曲がり角のボクら」が一番好き。

全144件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

中村明日美子の作品

ツイートする