曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 白泉社
3.87
  • (232)
  • (276)
  • (259)
  • (34)
  • (2)
本棚登録 : 2389
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・マンガ (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。「さくらふぶきに咲く背中」が好きだなぁと思っていたけど相変わらずヨウちゃんがかわいい。明日美子さんの描くヒリヒリ切ないのがいいと思うけど、こういうキュンとするのも捨てがたいと思える少女マンガ。

  • 中村明日美子さんの作品は多数読んでおりますが、この短編集は、とっても爽やか、誰にでもオススメ、どの話もハズレなし、です。
    ちらほらとらしい色気をのぞかせつつ、毒気のない話も面白いですね。

  • 時間が無いぜ、青春は。
    帯のその言葉に惹かれて買いました。

    甘酸っぱい青春恋愛漫画と思いきや、それだけじゃないバラエティーに富んだ短編集。
    王道ときどき変化球のバランスがクセになります。

    同級生シリーズでも思ったけれど、男性の自覚ない色気を描くのが上手いなぁ。なのに女性キャラの可愛らしさも負けていないのがすごいところ。

  • 著者の2冊目の単行本。
    高校生の様々な恋愛模様を描く。

    この人の絵で書かれる人物の表情ってどうしてこんなに魅力的なんだろうって思う。

    とても好きな作家。

  • 本屋さんで「鉄道少女漫画」の生原稿を見て、女の子が可愛いなと。
    つぶやいたら、この中の読切をお勧めされたので購入。
    全体的に幸せな恋というより切ない恋。

    「阿部くんと黒羽さん」
    指が綺麗な男の人に轢かれるのは分かるな。赤面した阿部くんが可愛い。ラスト良い。

    「となりの吸血鬼」
    この中では毛色違うけど、流れが変わったところから面白かった。

    「みんなきらきら」
    娘大好きなお父さん可愛い。

    「さくらふぶきに咲く背中」
    これ目当てで。予告カットに見覚えあるかも。仄かな百合で、切ない。黒髪黒セーラー服の後輩も可愛かった。

    「曲がり角のボクら」
    4人の群像劇。メイドさんのあゆが可愛すぎる。まさかの

    「よろめきのボクら」
    さやが女の子好きで隠し撮りして、恩田に好きな子に近づかないように威嚇してるのが可愛い。恩田はまさかの膝小僧フェチですか!

  • 阿部くんと黒羽さんの青春少女マンガ的な甘酸っぱさもさることながら・・・個人的にはとなりの吸血鬼でやられてしまいました・・・wああ、ドロンさん可愛いよぅ・・・!ドロンさんってば、なんだか80'sの少々お耽美な少女マンガに出てくるキャラクターに見えません?違います?あらそう・・・><

  • 好きなのは「みんなきらきら」。ホスト先生に嫉妬するお父さんがカワイイ…、って何言ってる Σ\( ̄ー ̄;)

  • 明日美子さんの少女漫画集二弾目。
    恋をする人はみんなかわいいと思える。

  • 「となりの吸血鬼」はオチが読めなかった!吸血鬼はそっちだったか!全体的にいい作品揃いでした。中村さんの絵は、伏し目がちの女の子と、横顔の男の子が好き。

  • これ・・・どの話もかわいい。
    明日美子先生たまんない

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

中村明日美子の作品

ツイートする