悩殺ジャンキー (1)

  • 白泉社
3.60
  • (129)
  • (110)
  • (342)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1060
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592188056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人気モデルは実は・・・

  •  やっぱり白泉社のマンガは、少女マンガ好きのキュンのツボを抑えてます。悩殺スマイルをもつモデルのウミちゃんが実は男の子という設定です。ひと昔のエビちゃんが実は男の子だったっていう感じでしょうか?

  • 覆面系ノイズ、モノクロ少年少女の作者さん。あぁなるほどなと思える雰囲気。絵は今の方が断然綺麗だけど、面白さはここにもバッチリ。なんだろう少女漫画なのにギャグ要素高い気がする。嫌いじゃない。笑うと犯罪者ヅラになっちゃうナカは片想いの先輩にフラれて見返すためにモデル事務所へ。悩殺スマイルで超売れっ子のウミの秘密を知ってしまうって話だったけど、わりとすぐに女装モデルで騙されてるプロのカメラマンとかスタッフたちどうなの!と思ってしまった。けどそんな思いもどこへやら。ギャグ要素と所々散りばめられたキュン要素でそんな設定さらっと飲み込めた。最初は1話読みきりだったのかな。ナカを振った先輩あっさりぎゃふんと言ってたけど。最後のナカのお姫様姿可愛かった。ウミが思ってたよりヤキモチやきなのでこれからが楽しみ。ただこの作者さんの字が読みにくくてコミックスの柱が楽しみなのに辛い。

  • 1話
    小さい頃から本屋さんでよく見かけてて絵が可愛いのとかずっと気になってた作品。設定とかキャラとか結構いい感じなのに、主人公の女の子がぜんっぜん可愛くない…↓↓1話で切り。

  • 売れないモデル・ナカと、売れてるモデル・ウミ(男)の話。

    ナカは、元々は好きだった人に「ウミが好き」と振られて以来、ウミを見返してやる! と思ってウミの所属するモデル事務所に所属したのだけれど、凶悪犯面のナカはなかなかオーディションに受からない。
    そんな中、実はウミが男だということを知ってしまって、ウミと取り引きをすることになる。
    ナカはウミが男だということを黙っている代わりに、仕事をもらうことになる。

    という話でした。
    恋愛要素、20%、ギャグ要素80%くらいの物語。
    個人的には、独特なタッチで描かれるファッションセンスがお気に入り。
    そして、キュンキュンするナカとウミの関係もとても楽しみです。
    元々は、読みきりだったんだろうなあ……っていうのもわかるんですが、絵と内容が良くマッチした楽しい話なので、個人的にはオススメです。

    コミカル少女漫画、といえば正しいと思いますし、ベタなのはベタなので、ベタベタなケンカラブが好きな人にはオススメしておきます。

  • 緊張すると極悪面になってしまう新人モデルのナカの奮闘記。
    しかし、このモデル事務所は大丈夫なのか?と心配になってくる…
    ナカを事務所に入れたり、男の子を女装させて、美少女モデルとして売りだしたりと面倒なモデルを所属させている…
    ナカをブランドモデルの起用にOKを出した皆川さんは挑戦者だ…

  • 極悪面モデル・ナカと人気モデル(女装男子)なウミのテンポのいいやり取りが魅力的。所々ご都合主義であったり服がださめであったり残念な所が多々あるのですが、それを差し引いても少女漫画らしくて素敵だと思います。1ページに対する書き込み量が多かったりするので非常に濃く、五月蠅い印象を持つかもしれませんが、かなり面白いと思います。

  • ウミより堤さん

  • 全16巻読了。

  • 全16巻

全125件中 1 - 10件を表示

福山リョウコの作品

悩殺ジャンキー (1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×