奥様はパタリロ! (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.40
  • (7)
  • (5)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592188421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本編より、この様な番外編みたいな作品の方が好きです。

  • 家政夫おパタがヒゲの濃いおクマさんと組んでアメリカでひと稼ぎするお話。
    パタリロが本編よりもかなりおとなしい。
    ミステリーちっくな話もあって、この分量にしてはかなり読み応えがありました。
    1話完結になっているので、一気に読まなくて良いのも楽だったな…(笑)

  • 家政夫おパタシリーズの二作目。

    国王のパタリロも盛りだくさんでオモシロいけど、私は家政夫シリーズがいいなぁ♪

    おパタ、我が家にも来て下さい(゜)(。。)ペコッ

  •  ○○パタリロシリーズでいつの間にか(こればっかりだが)出ていたコミックス。どうでもいいが昔っから、女装したパタリロはほんとにワタシにそっっくりだ…自分でもしみじみそう思う。女装パタは仕事のためとはいえ、パタリロのあの「いい」性格がまったく消え、ただの人のいいおクマさんの部下に成り下がってしまっているところが惜しい。おクマさんのキャラが動かしやすいだろうから仕方ないのかな。やっぱりラストへ行くにつれ謎の魔界組織や殺人組織が暗躍し出して話がズレていくwww

  • 奥パタ

  • 「家政夫パタリロ」の続編。こんなに書き続けているのにネタが尽きない作者の根性が好きだ。

  • 「家政夫パタリロ!」の続きっぽい設定。パタリロが今度は代理妻稼業で活躍します。
    パタリロだけが普通のひとでほかのひとは金の亡者です。やり過ぎだけど面白い。

  • 奥様はパタリロ! 魔夜峰央 白泉社 花とゆめコミックス ISBN459218842X 390円(税別)2006年6月10日初版<br>【ストーリー】<br>「家政夫パタリロ!」の続編ですが単体でも楽しめます。第1話〜第10話収録。<br>依頼主の要望で妻の扮装をさせられるパタリロ。マドンナだった奥様そっくりになったパタリロが大モテ。派遣される先々で色んな問題や事件に巻き込まれるが快刀乱麻で一挙解決!<br>【感想】<br>面白かったです。かつてパタリロがここまで可愛くてここまでモテモテで性格がよい状態をキープするのを見たことがない!<br>前作の「家政夫パタリロ!」以上に好きになりました。パタリロ本編のファンの方にもオススメですv第2・3・5話が特に好きです。6話で女王様に・・・10話でメイド喫茶のメイドさんに・・・パタ萌え〜v

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

魔夜峰央(まや みねお)
1953年生まれの漫画家。大阪芸術大学中退。1973 年『デラックスマーガレット』(集英社)でデビュー。1978 年「ラシャーヌ!」を複数の漫画雑誌(白泉社)に不定期連載開始。デビュー以来、オカルト・ホラーやミステリー調のシリアス路線が作風の主体であったが、同作からギャグ路線に変更。同年「パタリロ!」を『花とゆめ』(白泉社)で連載開始。アニメ化されヒット作となる。近年は復刻出版された『翔んで埼玉』(宝島社)や、「マンダム」「パタリロ!」第1話ほか珠玉の作品ばかりを集めたベスト作品集『う?ん、マンダム。』(PHP 研究所)などが好評を得ている。
2019年2月、実写映画公開決定。映画オリジナル展開として「伝説」「原題」それぞれの2部構成で、埼玉県対千葉県の構図が明らかとなった。GACKT、二階堂ふみ、京本政樹、伊勢谷友介らが出演。

魔夜峰央の作品

ツイートする