はちみつの花 第2巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.57
  • (13)
  • (22)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :175
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592188667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総吾坊ちゃんの巻。総吾すき。可愛い^^
    それにしても総吾って名前いいなあ。気に入ったなあ。
    相変わらず千歳が一生懸命ランのことがすきなところが可愛い。

  • 使用人&若旦那のほのぼの恋愛その2巻です。

    ランも千歳も、お互いのちょっとした知り合いや環境の変化で微妙にヤキモチ。
    でも、「嫉妬」だと自覚しているランのほうが見てて面白い。

    今回は態度に出しまくるラン。
    抱きついたり、抱きしめたり、でこちゅーしたりしてますが、本人いわくまだ足りないようです(笑)

    「使用人」と自覚するたびに後ずさりする千歳を、捕まえて引き戻すランが頼もしいなぁ。
    ランの友人、吉田くんと西里くんが千歳に優しくて、イイコだなぁと思います。

  • 1巻は立ち読みしたから2巻から購入。

  • (08.07.15)

  • のんびり穏やかな空気が好きです。2巻になって千歳がますます可愛い。

  • ほのぼのな恋の物語。1卷から好きで2卷も満足。絵も好みです。
    メインの二人がお互いを大切に思うのがちゃんと伝わってきました。拗ねてる若旦那萌え。

  • 年下の少年の登場で、嵐到来かと思いきや、のほほんとしたヒロインはあいかわらず。
    でも、絵は相変わらずきれいだし、お話も一巻より面白くなってます。

  • 二巻でテンポがよくなりましたねー。全体的にどうこうというわけではないのですが、ときたま、ドキリとする瞬間があるのです。漫画の楽しみ方もいろいろだなあ、と思うのです。

  • ……ラン……!!<br>
    という話。おま、しらっとした顔してるから気付かなかったけど、がまんしてたのかおまえ……!!ランの我慢が限界を超えるのも楽しみですが、千歳がランに手を伸ばす展開の方も捨てがたい。

全9件中 1 - 9件を表示

木内たつやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする