夜型愛人専門店DX―ブラッドハウンド (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.15
  • (14)
  • (18)
  • (149)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 378
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592188810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2004年のドラマ「ヴァンパイアホスト~夜型愛人専門店~」の原作だが、ドラマの内容は全然違うらしい。
    由貴さんにとって人生初のドラマ化作品。
    ●目次を含めたカラー4ページ有り。
    ●狩野莉音役 / 小向美奈子インタビュー
     蘇芳役 / 松田悟志インタビュー
     小向美奈子&松田悟志インタビュー
     有り。
    ●2010年8月25日に第1刷発行の「夜型愛人専門店― ブラッド ハウンド ― 完全版」にクライマックス2話収録。

  • 今(?)話題の小向美奈子でドラマ化したらしい。

  • ドラマのが面白かったな。

  • 面白そう♡

  • 続編が出ても良さそう。
    (08.08.08)

  • タイトルから、かなり怪しい雰囲気が感じられますがそうでもありません。
    普通の女子高生が、困難をかかえながらも異世界の住人達のようなホストたちと繰り広げる・・・といった。
    ホストと言っても、その部分はコメディチックに描かれていましたね。
    続編ないのかなぁ。

  • ドラマはいただけなかった。

  • 女子高生の莉音と、吸血鬼でホストの蘇芳のお話。
    ドラマも大好きでした。
    莉音と蘇芳のやり取りが面白い。

  • 花とゆめコミックススペシャル。

  • またまた写真ないの〜!!
    残念;
    これドラマ化したらしいけど見てないんだよね〜。
    読んでて面白かったケド、ゴットチャと比べると・・・;

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1987年「別冊花とゆめ」秋の号『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)、『異域之鬼』(講談社)など。
美しく退廃的な世界観と稀代のエンターテイメント性を併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。
重版続々の超話題作『架刑のアリス』をARIAにて絶賛連載中!

夜型愛人専門店DX―ブラッドハウンド (花とゆめCOMICS)のその他の作品

Blood Hound ペーパーバック Blood Hound 由貴香織里

由貴香織里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする