モノクロ少年少女 第2巻 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
3.95
  • (19)
  • (37)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 394
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592190127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 右京くんかっこいい〜~!
    首筋のキスって雰囲気がエロ綺麗でとても好きです。

    呉羽ちゃんが強くていいなぁ。
    強い女の子は好き。
    そんで大事にしてあげたくなる。

  • 予期せず生徒会長(キング)になってしまった呉羽。戴冠式に副会長全員から首筋に口付ける儀式が。なぜか右京だけ受け入れられない。恋だね。まだ無自覚みたいだけど。で、ケダ高をトップで卒業すると人間になれるというギフトの存在、右京に守りたい人間の女の子がいる事を知る。恋が動き出したような気がしたのに前途多難そう。茅が右京のお兄さんと通じてたとか。右京にとって兄がどんな存在なのか。茅と蝶々、右京の子供の頃の話良かったな。人間界で呉羽を見つけた時の3人の登場の仕方カッコよかったな。非現実的だけどそれはそれで良し。オリエンテーション合宿はクロヒョウ国に。右京の兄の黄苑王子とおそらく前巻から話に出てくる伊織姫が登場。伊織かわいい。

  • 予期せずケダ高の生徒会長になってしまった呉羽。しかし会長就任演説の後に待っていたのは、戴冠式での儀式“副会長全員からのキス”!?
    茅と蝶々は我慢できた呉羽だったが…。

    学園ものでは必ずあるような生徒会関係だけど、登場早い。しかも一年生がいきなり会長なのか。
    嫌だ嫌だ言いつつ、すぐ絆されちゃあたり呉羽はちょろいな。
    そしてさりげなくこの作品のゴールらしきものが。
    首席卒業で人間になれる。お伽噺的な展開ですね。でも仲良し三人いるのに一人なのか…先が辛そう。
    というか三人の出会いからの件が可愛くて好き。昔は可愛かったんだな右京…。
    色々と展開早いけど、さっそく一年合宿でまずは右京の国・クロヒョウ国へ。
    なんか予想外なほど王子様なのに扱い悪くて驚き。ていうかお兄さん質悪すぎでびっくり。

  • 生徒会のキングになった呉羽。
    久しぶりに人間界に行ったけど、誰も待っていてくれる人はいなく、さみしい思いをしてた時、人間のフリしてみんなが来てくれた登場のシーンがかっこよかった。
    オリエンテーションでクロヒョウ国に行くことに。黄苑王子現る。

  • 福山センセのとこは、元気な女の子が多くて、微笑ましいな。へこたれない感じ。

  • 全く予期せず生徒会長(=キング)になってしまった呉羽は、思わず“辞退”の言葉を発してしまったために、生徒全員から猛反発! そんな中、考えを改め、会長をやることを決意して戴冠式に臨んだのだが、待っていたのは生徒会全員から首筋にキスを受けるという儀式で――!?

  • 段々学校の皆に受け入れられていく呉羽の頑張りにキュンとなる。そして右京の兄貴……!!兄弟の確執っぷりがとても美味しいです!!

  • 続きが非常に気になる。うっきょんカッコイイ。

  • 前から気になっていたのですが、一気に1・2巻買いました。
    やっぱり福山先生の作品は活気があっていいなぁw
    ケモノが人間に化けて…ってのはよくあるけど、逆になるとどう話を進めていくのか…楽しみです^^

  • 毛保乃学園にて



    ウサギが生徒会長になる、という前代未聞の事態。






    さぁ、次は修学旅行へ。




    さて、行き先は何処に決まるのか。




    さてさて、ウサギは無事学園を統率することができるのか。







    本編にて、結末やいかに。

全17件中 1 - 10件を表示

福山リョウコの作品

モノクロ少年少女 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×