青春攻略本 第2巻 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.45
  • (176)
  • (91)
  • (28)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :923
  • レビュー :75
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592191520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ほとんどの作品を雑誌掲載時に読みました。その時に、とても気に入ったので、保存版としてコミックを購入しました。多分、私がもう大人になっているからこそ、この作品にとても惹かれているのだと思います。多分、現役の高校生が読んでも、面白いのでしょうけれど。

     お話は、高校生活の後半部分が、高校生活の終わり(大雑把にまとめてしまうと「卒業」でしょうか)をキーワードに、男子校の生徒4人を軸に展開します。カウントダウンがとても爽やかに切なく、元気に描かれていて、本当に青春のお話、という感じ。タイトルどおり。その感じが、とても好きです。上手言えないのですが、イメージするなら、ラムネとその泡みないな感じ。日差しとはじける泡、でしょうか。高校生活って良かったなと、これを読むと思い出します。試験勉強や受験勉強は、もう出来ないなと思うけれど、それ以外は、もう一回やりたいな、と思い出させて、そして思わせてくれるのです。

     蛇足ですが、作者さんの直筆が可愛い。あとおまけのお話も良かったです。

  • あぁ、高校時代ってこんなだったな、と感じさせてくれます。
    私は男子校に通ったこともないし、馬鹿ばっかりやったと言うこともないけど、それでも、なんかこんな雰囲気がどこかにあった。そんな思いになれます。

    ところで、これ少女漫画ですよね。男子校が舞台で主人公達全員男子って言うと、こう、なんというか違うモノ想像してしまいそうです。

  • あぁ、もう、青春っていいね。

  • 高校生活って、長い様で短いよね…
    今のままで居たいけど、時間は確実に過ぎて行く…
    今のままで居たい、離れたくない。そんな出会いが高校生の時に出来た事は本当に奇跡だと思う。
    いつまでも、仲良くしていて欲しいよね。
    青春の期間って短いので、後悔なく今(高校生という時間)を過ごして欲しい。大人になると本当にそう思います。

  • "「今年ももうすぐ終わりなんだよなー
    神社来たら何故か実感わいてきたわ
    どーよ いい年だった?倉田」
    「…まあまあ」
    「ははっ そりゃ良かった」"

    まさに青春してるなぁって感じで。
    最後感極まって泣いた。

    "「神山出ても これまで通り遊んでくれんの?」
    「…ふっ…はははっお前…ははははははは」
    「……わっ…笑うんじゃねえかよ!!」
    「いや…思わず…何の心配なんだよ」
    「もういいわ!!」
    「悪い 意外だった
    ーー大体 1年ナギセさんと手紙続いてるなら
    俺逹との付き合い続けるのなんてわけないだろお前
    もう寝ろ 熱で思考が弱気になってんだよ」"

  • 最後まで爽やかだ…!!

  • 受験を迎えて、今までみたいにあまりバカをしなくなるってよくある話ですよね。
    やりたいけど、それどころじゃないだろって気持ちも。
    やりたいならやろうよ!って気持ちも。
    どっちもわかるな~っと。

    そして受験の話も。
    伊崎のメールがかわいかったです。

    ただ、最後の答辞があまりにもお決まりの展開すぎてちょっと「ウッ…」となった。そのほかは全部よかったのですが…。

  • 4人の秋から卒業までのお話。熱くて爽やかで、こんな青春素晴らしい!!と感じさせてくれる作品でした。これからもずっと仲の良い4人が想像できて、読者としてはとても嬉しいです。本編の感想とは別ですが、(私の思い違いでなければ)メインの主人公である伊勢崎のフルネームがわかるのが最終話っていうのはちょっと新鮮でした。

  • 遂に伊勢崎たちも卒業。
    最後の最後まで突っ走る伊勢崎たちが大好きです。

  • 伊勢崎、倉田、野上、上村の4人もいよいよ卒業へ。
    これまで4人で過ごした日々は、すごく大きな宝ものだと思う。

    私も、一生後悔しない青春が送りたいな。

全75件中 1 - 10件を表示

青春攻略本 第2巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

青春攻略本 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする