八潮と三雲 第1巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.04
  • (82)
  • (102)
  • (61)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 778
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592191919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか面白かったので続き買う。

  • 9つの命を持った九生の猫は命を失うごとに名前が変わり、名前の更新をしないと狂ってしまう――っていう設定が面白い!
    名前に命の残りの数が入ってるのも。

    命を助けられて惚れちゃうのはわかるけど、恩返しの方法が斬新すぎる(笑)

    美猫な上にケンカも強くて頭もキレる三雲の告白を、あっさり受け流す八潮凄い(笑)
    やり取りが漫才みたい。ボスが加わると更に。

    希九可愛かったー。また出てほしい。


    『彼と彼女の不冬眠』
    こちらも、皆冬になると冬眠してしまうという変わった設定の話。

    意地っ張りなキルスティも、飄々としたトゥーリも良いけど、一番好きなのはじい(笑)

  • ●草川さんのかわいい(美猫?)だけど根性のある女の子が頼もしい。帽子の八潮さんの魅力は個人的に微妙だけど、三雲に幸せになってほしい。精いっぱい生きてます感がよい★
    ●漢数字の入った名前に更新…名前にも限りがあると思うのだけど、同名のにゃんこも存在するのかな…?
    ●読み切り「彼と彼女の不冬眠」 冬眠するという設定が面白かった。じいが一番かわいかったなw

  • 八潮さん可愛い!頑張ってる三雲に好感が持てます。

  • 美少女ヒロインが無愛想ヒーローにベタ惚れする話です。一人で強く生きていくことに慣れた三雲ちゃんがクールで不器用だけど優しく頼れる八潮さんにドキドキしているのがかわいいですね。読み切りの『彼と彼女の不冬眠』もかわいい話でした。無闇に駆け落ちする道を選ばないキルスティの責任感のある性格が素敵です。

  • 憎めない
    かわいい
    設定がすごいなと思う

  • 猫だって背表紙のあらすじに、書いてあったから、購入。
    猫の姿はほぼ見れないかな。
    八潮の額の皺が消えないで欲しい。

  • うーん、好きでもなく嫌いでもなく…
    設定は確かに面白いけど、そのぶん???って所も多々ある。読み進めて行けば面白くなってくるのかな、とも思うけど、先が読みたいとはあまり思えない(2巻の時点で)
    人間界と猫の世界の違い/区分けがよくわからなくてもやもやしたかな。

    ヒロインの三雲は可愛いし、相手となる八潮も格好いい。
    けど、八潮にとって三雲が気になる存在になっていくまでの気持ちの変化の過程はわかりづらかった。

  • 三雲ちゃんかわいい~
    私かわいいんです!!ってにこにこしつつもわりと強いっていう……草川さんの主人公ってけっこう「あなたと対等になりたいの」思考があってそこが好きです。かわいい!
    読み切りも好き。ボスの回答コーナーじわじわくる

  • レンタルで1~4巻まで。

    人間社会の隣にある 「九生の猫社会」 。
    そこでは、9つの命を持ち、残りの命数に応じた名前を与えられた
    猫が住んでいる。一度死ぬ(=命を1つ失う)度に、名乗る名前を
    更新しなければならないルールがあり、更新せず放置していると、
    猫たちはいずれ “狂って” 化け猫と化してしまう。
    三雲は、自分を助けて命を1つ失った八潮(超偏屈だけど有能な
    取り立て屋)にどうしても恩返しがしたい!と、彼を訪ねるが・・・。

    八潮&三雲のコンビが可愛くて好きです。
    ぶっきらぼう上司(長身)と無鉄砲部下(美少女)・・・!!
    しかも正体はぬこ・・・!! (*´Д`)ハァハァ 笑
    無愛想で全然デレないツンな八潮さんが堪りませんなw

    ストーリーは数話完結のスタイルで読みやすいし面白いんだけど、
    やや淡泊で、アクというかぐいぐい読ませる引きが足りない印象。
    猫社会のルールなどが、人によっては最初ちょっと取っつきにくい
    かもしれません。 2~3巻ぐらいまで一気読みがお勧め。

    2012/10/13 5巻読了

    暫定 ★3.5~4.0

全78件中 11 - 20件を表示

八潮と三雲 第1巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

草川為の作品

ツイートする