僕の棺で晩餐を (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.81
  • (27)
  • (31)
  • (36)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 342
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592191988

作品紹介・あらすじ

───飢えているのは血だけじゃないんだね。街の爪弾き者・ロヴィサ、死を待つ牙折れの白い吸血鬼・アシュリー。巡り会った2人は、静かに孤独を溶かし合うが…。餌としての至福、太陽を捨てる決意…人と吸血鬼、いくつもの夜を越えて生きていく。連作読切集!! 2013年9月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吸血鬼テーマの連作読み切り集。いつもの雰囲気よりちょっと大人っぽくて、読了後はなんというか淡泊。でも、読み返すとじわじわ来ます。
    連作集とは別の読み切り「しのびごと」が切なくて泣けました。
    草川さんの作品は、言葉の選び方が美しく潔くて大好きです。

  • 吸血鬼に“成り果ててしまった”人間の物語
    元が人間だからこその異形の運命を強いられた、辛さ、哀しみ、それでも前を向こうって言う人間らしい逞しさ、を繊細に描ききっている
    恋愛色が鮮やかであるので、正直に言えば、物足りなさも覚えるのだが、割りかし、嫌いじゃないらしい。甘々じゃなく、やや辛めなのが好印象の理由かな、と自分では分析している
    人間を惑わす一方で、人間に惑わされる吸血鬼の、バケモノらしくなさがイイのか?
    『しのびごと』は安定感のある、悲恋ホラーかな?
    この手の切ないハッピーエンドは、たまに読むくらいが丁度、いいな・・・あんまり読む込むと、底に引きずり込まれそうになる

  • 吸血鬼ものと幽霊もの。
    全話切なかったー!特にアウレリア編。

  • 2013/09/14購入・09/29読了。

    【表題作】
    死に別れは辛い。アシュリーが生まれ変わることはないのかな

    【黄昏恋々】
    「恋々」未練の気持ちが強く、思いきれないさま。

    【星は暁のかげ】
    闇を呼ぶのは魂によるのか。焦がれる相手との違いを見せつけられるのは辛そうだった

    【しのびごと】
    葛は優しすぎる。

  • 切なくて文学的で官能的で堪らない。草川ワールドの魅力が炸裂。
    イチ押しは「僕の棺で晩餐を」。タイトルも好い。

  • 滅茶苦茶よかった。アシュレーかっこいい…

  • 5

  • 1巻ものかと思ってたら、短編でした。
    吸血鬼ものが3つ。うち2つは、同じキャラクターがでています。

    草川 為と吸血鬼ものは、いい組み合わせです。
    「ガートルートのレシピ」をちょっと思い出しました。
    ちょっと、不気味なところがあるのに、サラッとかけているところが、好きです。

    これとか、「ガートルート」とか、「龍の花わずらい」とか、業の深い感じが好き。

  • 短編集。草川さんの作品としては珍しい、ちょっと艶っぽい感じのお話が多いです。
    『僕の棺で晩餐を』
    ロヴィサはわざと無愛想な態度を取っていますが根は優しい、ということが随所で描写されていて愛らしかったです。「いつにもまして表情がないな」からのシーンがすごくかわいい!アシュリーが時折ちょっとだけ頬を染めてとても優しく微笑む表情がとても好きです。
    『黄昏恋々』
    姉がよく出来るだけじゃなく桐子のことを大切に想ってくれているので歯痒さが募る一方の桐子。自分自身も吸血鬼なので銀を触れば傷を負うのに、嘉陽を守る為に躊躇なく銀の万年筆を握りしめた桐子がとてもいいです。
    『星は暁のかげ』
    ミハイの品の良さと真っ当さは生まれ育ちの良さからだと決め付けていたら、そうではなくて、彼自身が持って生まれて守り抜いてきたものだと気付いて改めて己の品のなさを恥じ、自らを犠牲にしてミハイを守り抜くアウレリア。切ないお話です。ミハイが本当に上等な男すぎる。
    『しのびごと』
    前世の悲恋相手と巡り会う、お話ですがその二人がくっつかないラストなのが新鮮。千弥にも前世の感覚が少しだけ残っていて、葛への淡い感情はあるけれど、それでも心中を図るほど葛に恋い焦がれていた「ちよ」そのものではない。葛を再び一人で逝かせてしまったことに千弥はしばらく苦悩するかもしれませんが、最終的には北先輩との新しい未来を歩んでいけると思います。

  • 街の爪はじき者・ロヴィサは、ある日死をを待つ牙折れの吸血鬼アシュリーと巡り合う。
    お互いの孤独を溶かし合うように惹かれていく二人だが、街が吸血鬼たちに襲われて…。
    表題作「僕の棺で晩餐を」他3編を収録した読み切り集。

    どれもどこか一味違うというか、しんみりくるお話が多かったですね。
    中でも私が好きだったのは他の物語では諸悪の根源(?)な、アウレリアの「星は暁のかげ」です。
    どこまでもまっとうなミハイ様がステキでした。誘惑にも負けないぜ!(笑)
    アウレリアのその後は他の物語で分かるけど、残されたミハイ様があの後どうなったのか…ああ、しんみりしちゃう。
    吸血鬼になった彼女を探してたら萌えるなぁと勝手に妄想しておきます(笑)

全27件中 1 - 10件を表示

草川為の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の棺で晩餐を (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×