オトメン(乙男) 第10巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.60
  • (24)
  • (42)
  • (56)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 664
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おーたん、科学の力、侍魂。
    「お互いに出来なければ ふたりでやればいい」

  • つまらないとまでは言わないけれど
    展開が単調で多少飽きはきている。

    おーたんが好きになれないし、
    そもそもこの乙男撲滅計画も割と本気で不愉快である。

    多武峰のキャラは好きだし、侍姿の合宿はちょっと面白かった。

  • 相変わらず楽しいけどこの巻はちょっと大人しめ? 怪しいキャラが中途半端のような気がしました。……しかし本番はきっと次巻。

  • 雑誌付録だった「ガラスのオトメン」収録。カラーで見られたら、もっといいのにー。

  • 少し話の流れが単調になってきている。事件が起きるけど、本当の自分が大切!って事で事件解決、みたいな。
    面白くないわけではないけど、そろそろ飛鳥君とりょうちゃんの関係も進展して欲しいし、ちょっと一捻り欲しいかも。

  • ちょっと飽きてきたなあ。いろいろ事件が起きてるんだけど、解決のパターンが限られているっていうか・・・

  • 多武峰の侍姿!よかたー。

  • 乙男撲滅計画を断行する春日の放った教師にして刺客「おーたん」こと萌松音羽。飛鳥の本性を暴こうと、あらゆる女子スキルを解放し迫り来るおーたんの前に、最強乙男・飛鳥の命運は…!?特別短編「ガラスのオトメン」も収録!

  • オマケの「ガラスのオトメン」がツボでした!

  • アスカくんの乙女なところを見るのが大好きです。

    私はアスカくんみたいな乙女になりたい(笑)

    しかし今回は多武峰のサムライ姿がかっこいい。
    そして、髪を切った橘くんもいい。
    短い髪の毛男子が自分的に好みなのかもしれない

全23件中 1 - 10件を表示

菅野文の作品

オトメン(乙男) 第10巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×