スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 :
  • 白泉社
4.06
  • (386)
  • (510)
  • (270)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 3710
レビュー : 361
  • Amazon.co.jp ・マンガ (99ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 羽海野チカさんの短編集
    羽海野さんの漫画には心が動かされます✻

  • かわいくてほっこりして、どこか切ない羽海野先生のお話が大好きです。
    表題作と、キオの物語が特に好きです。

  • 心にじんわり染み込むイイ話(TT)それに登場人物たちの表情がとってもステキ!!最後の印税はすべて東日本大震災の義援金にするというところで、更にグッときた!

  • 切なくてほっこりして、ちょっと泣けます。

  • ふんわりして可愛い絵柄です

  • 再読

    羽海野先生の作品はいつでも私に語りかけてくれる。
    本当に大切なものを、

  • ハチクロ、ライオン、と羽海野ワールドにそれなりにどっぷりハマって、新刊が出るのが待ち切れなくてたどり着いた原点スピカ、という感じ。
    まっ白く心が洗われるような題材とタッチ。羽海野さん好きには大満足の短編集です。
    ナチュラルなロングヘアに真っ直ぐ伸びた細い手足、特別美少女なわけじゃないけどすっごくかわいい女の子。バレリーナなヒロインを見てハチクロの山田さんやライオンのヒナちゃんを思い出しました。彼女たちみたいに健気でいとしい不器用さのある人間でありたいと感じました。

  • なんだかきらきらしてる、
    だいすきな短編集。
    優しくて、ほっとする。
    なんとなく元気をもらう。
    そんな本。

  • 絵がカワイイ。表題作のバレリーナの子のチュチュが可愛らしかった。

    お話もシンプルでじわっときて、読みやすい。

  •  「ハチミツとクローバー」のアニメがよかったので、買った。
     この本の印税は、東日本大震災の義捐金になるってことなので、買ってあげてくださいm(__)m

     いやあよかったよぉ。
     生きることに純粋である、そういう大事なことをそっと描いている。純粋であることは、わかりすぎることで、だから自分の存在に不安になる。そういう子供だからというだけで片付けられないジレンマ。きっとそれに答えはない。
     「冬のキリン」の草太は、無力が自分がカセであることにとまどう。けれど「スピカ」の美園は自分で踏み出し、戦う。

     答えのないものは、結局自分で答えを見つけるしかないのだ。

     思わず、自分自身はこんな風に誠実に生きているのだろうかと、反省してしまったよ<汗

全361件中 51 - 60件を表示

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする