スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 :
  • 白泉社
4.06
  • (386)
  • (510)
  • (269)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 3708
レビュー : 361
  • Amazon.co.jp ・マンガ (99ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 職場の先輩から借りた。
    やはりいいなぁ、羽海野さんの漫画は。
    冬のキリンがとても好きだ。
    寒さと、悲しさと、あったかさがギュっとなっている。

    近々、自分でちゃんとハチクロ集めるんだ!

  • 「ハチミツとクローバー」「三月のライオン」の羽海野チカさんの短編集。野球少年とバレエ少女の恋、少年と探偵と緑の犬、気難しい博士などなど。様々な暖かいお話がもりこまれた作品集です。買って損はありません。

  • いちいち切ないのでもう勘弁してほしい…バレエっ子だったので「スピカ」びんびん響いたけど、一番きたのは「はなのゆりかご」かな。不器用なひとの気持ちが押し寄せてきてもう勘弁してほしい。

  • 羽海野チカのBL! 「はなのゆりかご」で泣いた。

  • ハチクロと三月のライオンの匂いがどの短編からも漂ってくる。まぁ同じ作者だから当たり前だけど。表題作の『スピカ』も青春の青臭さが濃厚に漂ってきて好きなんだけど、偏屈な博士の話が一番好きだったりします。

  • コンパクトなのにぎっしり詰まってる!絵も可愛いし。可愛いってたくさん言ってくれる伴侶がほしい!笑

  • キリンの話でいきなりグワーっと心わしづかみにされてからの、
    バレリーナを夢見る女の子と野球男児との甘酸っぱい青春模様にキュンキュンしーの、
    探偵少年が頑張って博士の苦悩と感動エピソードが涙を誘いーので
    羽海野先生のばかっ!☆コツンッ
    ってなります。

  • 「スピカ」がとびぬけていい。全体的に絵も話しもこなれていないが、その後の作品に全て通じている。やはり人間、まずは何かを始めなければ、偉大なものへは通じていかないのだ。

  • ハチクロ連載当時の作品を集めた羽海野さんの短編集。
    この本の収益は東日本大震災への寄付となったそうです。
    表題作の「スピカ」がすき。

  • ハチクロ以前の羽海野チカがわかる。
    ただBL描いてたのは、ショック( ;´Д`)

全361件中 71 - 80件を表示

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

羽海野チカの作品

ツイートする