六百頁のミステリー (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.87
  • (23)
  • (35)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592192725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻完結です。
    文学作品をイメージソースにした作品ということで、類似のコンセプトの作品が頭をよぎりましたが、思っていたより少女漫画のエッセンスのほうが濃い感じ。
    読む前の予想が外れたのが嬉しかった。
    ゆるふわな感じの作品世界を楽しめたと思います。

  • あまい~。少女まんがだ!

  • すごく素敵なお話だった。
    これが初コミックってすごいなぁ。
    読んでいると、幸村先生自身も本当に本が好きだということが伝わってくる。本の世界に没頭する幸せを知っている人だなと。
    連載の方は各話名作をモチーフにしていて、幸村先生からの愛のこもったオマージュだなぁと思った。
    ただ、個人的には二人の関係をはっきり「恋人」としてしまわない方がもっと素敵だったように思う。
    でも二人ともとても誠実に向き合っていて微笑ましかった。
    幸村先生の描く女の子は思いやりがあって、素直で、でも負けん気が強くて素敵。コレットさんに繋がるものを感じた。

    図書館で働いた経験があるけど、懐かしくてまた働いてみたくなった。

  • 【レンタル】作者の名前に見覚えがあったこと、タイトル、図書館ネタに惹かれて。作者は砂糖林檎コミックスしてた方のよう。1巻で投げたけど。絵は可愛い。キャラも可愛かった。ほわほわしてて癒される。こんな図書館に毎日通える浅見ちゃんが羨ましい。

  • 第1〜4(最終)話収録。本の虫である女子高生・浅見奈都と、小さな町の図書館司書・水島先生とのほのぼの恋愛漫画。
    二人とも可愛らしいな〜。こういう癒し系漫画大好き♪プロローグでは二人が付き合うまでのお話、第1〜4話(最終話)までは文豪の作品に合わせて、二人の恋を進めていました。こう表現するといま流行りの『ビブリア古書堂の事件手帖』に似ているかも。こちらはミステリー色ゼロですが(笑)どれも素敵なお話ですが、2話「芥川の書簡」がおすすめです。惜しいのが、カラーの色使いかな。表紙のカラー塗り方が好きでなかったので、中々手が出せなかっただよね(-.-;)あと、後書きにあった「穂積様」は、『式の前日』を描いた穂積さんと同一人物なのか気になる。

  • 可愛い。司書さんのお話は、いいなあ。文ちゃん出てきてなんだかのほほんとした。

  • ナニコレステキ!!
    図書館の司書と女子高生っという設定は前にも読んだことがありますが、自分が本好きなためこのような設定だとよりいっそうトキメキます(笑)
    多分この二人ずっとこうやってほのぼの本の話ばっかりしていくんだろうな、と簡単に想像できました。

  • “「あたしの頭の中がフル稼働して想像していくの
    小説は言葉の魔法だ わくわくする!」”

    ふわわんとして可愛い。
    間取りまで考えてあるのすごかった。

    “会うのはいつも図書館で 話はだいたい本のこと
    でもそれでいいんです
    これが あたしと先生の恋なのです”

  • 太宰治に芥川、宮沢賢治☆本好き女子高生・浅見ちゃんと旅する文学世界& 図書館ラブ!!

    タイトルが変わってて購入。でも正直タイトル詐欺な気が。
    先生いい人なんだけど、これをミステリーに例えるのがすでに違和感。もう少しミステリーっぽい要素増やした方が良かったと思う。ただの優しい先生だったので。
    浅見ちゃんも読書好きな点がとても共感持てるし可愛らしいんだけど、どうにも先生との「恋」が無理矢理に感じられた。もっとじっくり好きになっていけば良かったかな。1話完結だから仕方が無いけど、どうにも違和感。片思いくらいで良かった気もする。絵柄や文学作品を持ち上げる作風は好みだったので、それだけに色々惜しい気がした。

  • 本好きの主人公と本好きの司書さんのお話で、いいバランスで恋愛が混ざってます。
    全話すごく好き。先生からの手紙とかすごく素敵。
    幸村アルト先生の作品追っかけよう。

全29件中 1 - 10件を表示

六百頁のミステリー (花とゆめCOMICS)のその他の作品

幸村アルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする