うちのポチの言うことには 8 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.64
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193586

作品紹介・あらすじ

響が“黄色い目"に襲われた!
花織の周囲に魔の手が伸びる中、ある衝撃的な事実が明らかになる。
皆が傷つけられて憤る花織。その時“黄色い目"が現れ!?
花織と遥の選ぶ道は…そして「犬とお姫さま」の物語で語られなかった真実とは?
運命の完結巻!!
2014年8月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想外の人物が“黄色い目”の正体で驚いたけれど、後から振り返ってみると色々と辻褄が合って納得。

    ラストは大団円と言えるもので◎
    どうやら平和な日常には程遠いようだけれども(笑)
    個人的には強い女の子に滅法弱いので桜姫憑依中の花織嬢もすきだったけれど、あっさりとアイスに釣られて生死を決められちゃうお馬鹿な彼女がいるからこそのギャップ効果なのかな(そんなお馬鹿な彼女にポチは救われるし苦労もするだろうけど笑)

    p.s. 長髪の頃の新先生より髪バッサリの方がすきでした
    これから先どんなに辛いことがあっても園ちゃんに救われていればいいなぁと思います

  • 全8巻読了。
    黄色い目の正体にびっくり。
    でもハッピーエンドでなにより。
    新先生と園ちゃんの関係いいな。
    次回作も楽しみにしてます。

  • 完結巻。女の子強し!

  • 一番一途なのはポチだった。

    本誌で読んでたけど、怒濤の展開でした。
    ここまできて女の子の方がかっこいいってどういうこと。
    好きv

全4件中 1 - 4件を表示

うちのポチの言うことには 8 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

橘裕の作品

ツイートする